基本単語でここまで言える!オフィスの「2単語英会話」

2単語英会話

ネイティブは“2単語”を多用している

実はネイティブは「なまけ者」。すぐ単語を短くしたり、表現を省略したりします。そのため、日常的な会話も「2単語程度でやり取りする」のがネイティブ流。

少ない単語数で返事をした方が 「こなれた英語」に聞こえたりするんです!

「外国人と英会話をしたい」「ちょっと気の利いた返事をしたい」「英語ができる風に見せたい」なんてあなたにピッタリな2単語フレーズをたくさん紹介するので、ぜひ使ってみてください!

  

Q.

 A: Let's go get a beer.

ビール飲みに行こう。

 

B: (  ) time.

また今度。

 

 

【直訳ヒント】
他の時に。

 

A.

 

 Another time.
また今度。

 

誘いを断る時、No. とストレートに言うとそれっきりですが、「また今度」なら次また声をかけてもらえます。そんな「ノーと言わない絶妙なお断りのフレーズ」がこれ、ぜひ使いこなしましょう。

 

Q.

 A: How's (  )

調子はどう?

 

B: I'm doing okay. 

いい感じだよ。

 

 

【直訳ヒント】
モロモロどう?

 

A.

 

 How's things?
調子はどう?

 

「モロモロどう?」→「(モロモロの)調子はどう?」とイメージしましょう。How's everything? や How are you doing? と同じようなニュアンスで、相手の近況をたずねる時にオススメです。

 

Q.

 A: You're finished already?
もう終わったの?

 

B: That's (  )

おーしーまい。

 

 

【直訳ヒント】
それはそれです。

 

A.

 

 That's that.
おーしーまい。

 

問答無用で話を切り上げたい時に、「おーしーまい」なんて自分から言って幕を引いたりしますよね。それに相当する英語です。「これにて一件落着」「もうこれで!」と話を終わらせる時にも使えます。

 

Q.

 A: It's getting kind of late.

ちょっと遅れてるね。

 

B: Okay. Let's (  ) 

よし。始めよう。

 

 

【直訳ヒント】
巻きましょう。

 

A.

 

 Let's roll.
始めよう。

 

「なんでroll が『始まる』に?」と思うかもしれませんが、roll には「動き始める、動き出す」の意味があり、そこから「始めよう」という 声かけに。「急ごう」というニュアンスも含みます。

 

Q.

 A: I didn't do very good on the promotion exam.

昇進試験がうまくいかなかった。

 

B:  (  ) again.

またがんばって。

 

 

【直訳ヒント】
もう一度やってみて。

 

A.

 

 Try again.
またがんばって。

 

失敗したりして落ち込んだ人を励ますならこれ! try には「成功を目指していろいろやってみる」という意味があるので、「(成功するよう)またがんばって」と奮起を促すニュアンスになります。

 

Q.

 A: My boss fired me for being late.

遅刻したから上司は私を解雇したんだ。

 

B: That (   ) 

よくあることだよ。

 

 

【直訳ヒント】
それは起こることだ。

 

A.

 

 That happens.
よくあることだよ。

 

That happens. なので「それは起こることだ」→「よくあることだよ」となります。「よくあることだから諦めな」と人を慰める時にも使います。

 

Q.

 A: Sorry, I have to take care of clients.
ごめん、顧客の対応をしないといけないんだ。

 

B: Don't (  )
気にしないで。

 

 

【直訳ヒント】
悩まないで。

 

A.

 

 Don't bother.
気にしないで。

 

bother といえば「悩ます」ですが、これは Don't bother yourself. の短縮形で「いいからほうっておいて」「気にしないで」とさりげなく気づかいを断る言い回し。好印象です。

 

Q.

 A: I finished proofreading the article.
記事の校正を終えました。

 

B: (  ) done!
さすが!

 

 

【直訳ヒント】
よくやった!

 

A.

 

 Well done!
さすが!

 

相手の発言や行動をほめる時のフレーズで、「よくやった!」「さす が!」という意味になります。出来の良さをほめるニュアンスがあるため、こう言えば相手からも喜ばれます。

 

PROFILE
デイビッド・セイン

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での35年を越える英語指導の実績をいかし、AtoZ GUILDと共同で英語学習書、教材、Webコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。AtoZ English(www.atozenglish.jp)主宰。

通じる!2単語英会話

通じる!2単語英会話