基本単語でここまで言える! SNSの「2単語英会話」

2単語英会話

SNSでこそ“2単語”を使いましょう

日本でも企業などで「英語公用語化」が叫ばれて数年経ちますが まだまだ英語を使いこなしている人は少ないようです。

それは、「恥ずかしくないような英語をしゃべらなきゃ」という思いが強すぎて、逆になかなか言葉が出ないことも原因かもしれません。

でも、実は誰でも知ってる単語を組み合わせるだけで、かなりのことは表現できるんです。

特に字数が限られるSNSでは2単語のオンパレード!

ここで紹介するフレーズを使って、気軽に英語を話しましょう!

Got it?(わかりましたか?)

Got it!(わかりました!)

  

Q.

 A: (  )  what?
あのね。

 

B: What?
何?

 

 

【直訳ヒント】
何を知ってる?

 

A.

 

 Know what?
あのね。

 

「これで通じるの?」と思うかもしれませんが、よくあるやり取りです。Know what? は話を切り出す時の言葉で「あのね」「ねえねえ」。それに対して What? で「え?」「何?」と答えるのがお約束です。

 

Q.

 A: Do you like your new smartphone?

新しいスマートフォンは気に入った?

 

B: (  ) it! 

最高さ!

 

 

【直訳ヒント】
愛してるよ!

 

A.

 

 Love it!
最高さ!

 

感想を聞かれて「最高だよ!」と答えるなら、この2単語です。 I love it! を短くしたもので、「最高だよ!」「完璧だよ!」というニュアンス。ノリの良さが伝わるので、会話も弾みます。

 

Q.

 A: Hi, everyone!
やあ、みんな!

 

B: Oh, (  )

なんだ、おまえか。

 

 

【直訳ヒント】
ああ、あなた。

 

A.

 

 Oh, you.
なんだ、おまえか。

 

「誰かと思えば君だったのか」とガッカリした雰囲気のフレーズ。ただし、ジョークっぽく言わないと失礼になります。Oh, it's you. や Oh, it's you again. も同じようなニュアンスです。

 

Q.

 A: Are you going to George's wedding party?
ジョージの結婚パーティに行く?

 

B: (  ) no!

絶対にイヤだ!
 

 

【直訳ヒント】
地獄はイヤ!

 

A.

 

 Hell no!
絶対にイヤだ!

 

仲間内なら、時にはこんなノーの返事もOK。「嫌だ」を強調しつつ、ちょっとふざけたニュアンスも入れた言い回しです。ただしあくまでもスラングですから、公の場では使わないようにしましょう。

 

Q.

 A: Do you think Sally will come?
サリーは来ると思う?

 

B:  (  ) SO.
そうだといいけど。

 

 

【直訳ヒント】
それを望む。

 

A.

 

 Hope so.
そうだといいけど。

 

I hope so.を略したもので、「そうだといいけど」と期待を表します。一方「そうでなければいいな」と逆を期待するのであれば、Hope not. と否定形にすれば OK。

 

Q.

 A: My cousin's friend got married.
いとこの友達が結婚したんだ。

 

B: Who (   )  ?

どうだっていいよ。
 

 

【直訳ヒント】
誰が気にする?

 

A.

 

 Who cares?
どうだっていいよ。

 

Who cares? で「誰が気にする?」→「誰も気にしないよ」→「どうだっていいよ」「知るもんか」となります。くだらないことを聞かれ、答えるまでもない時に使うフレーズです。

 

Q.

 A: I'm going to quit my job.
仕事を辞めるんだ。

 

B: My (  ) !
これは驚いた!

 

  

【直訳ヒント】
私の言葉!

 

A.

 

 My word!
これは驚いた!

 

驚いたり苛立ちを表わす時、この My word! を使います。「言葉が出ないほど驚いた」→「これは驚いた!(呆れた!)」というイメージで、大げさな表情をつけて言うと雰囲気が出せます。

 

Q.

 A: Could you tell me your email address?

eメールアドレス、教えてくれる?

 

B: I (  )
別にいいよ。
 

 

【直訳ヒント】
私はそう思う。

 

A.

 

 I guess.
別にいいよ。

 

日本語の「まあいいよ」「別にいいよ」と同じく、さりげない OK を伝えるフレーズです。I guess I could. を短くしたもので、「できると思うけど」→「別にいいよ」となります。

 

PROFILE
デイビッド・セイン

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での35年を越える英語指導の実績をいかし、AtoZ GUILDと共同で英語学習書、教材、Webコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。AtoZ English(www.atozenglish.jp)主宰。

通じる!2単語英会話

通じる!2単語英会話