女性のつら~い更年期を乗り切るカギは「男性ホルモン」だった!?

オトナ女子がお年ごろになると、必ず通過しなければならないのが「更年期」。人生の後半を左右する心と体の変化にとまどい、ネガティブになってしまう人も多いようです。しかし、更年期トータルケアインストラクターの永田京子先生は「それ、もったいない!」と言い切ります。更年期を上手に乗り切って、その後の人生を楽しむためのコツを教えてもらいました。

更年期以降、女性ホルモンはほぼゼロに!?

更年期という激動期を上手く乗り越えて、スッキリ爽やか人生を謳歌している女性たちがいます。こうした人たちは、更年期まっただ中、あるいはプレ更年期の女性にとって希望の星ですよね。

一方で、更年期を経て「えっ?」というくらい一気に老け込んで元気がなくなってしまう人もいます。そのくらい、この年ごろの女性の体内で起こっていることって劇的なんです。

なにしろ、私たちは更年期以降、女性ホルモンがほぼ『ゼロ』になります。女性を女性たらしめてきた女性ホルモンがなくなるなんて、衝撃の事実ですよね。

実はそれだけじゃありません。なんと閉経後の女性は、女性ホルモンより男性ホルモンの分泌ほうが多くなるんです!

実は、もともと人間は男女ともに両方の性ホルモンを持っています。 性成熟期には、それぞれの性ホルモン、男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンが優位になり、男女それぞれの生殖機能を円滑に働かせます。

閉経後の女性の体内では女性ホルモンはほぼ作られなくなる一方で、男性ホルモンはというと、成人期とほぼ変わらず作られるんですね。その結果、女性ホルモンの支配から男性ホルモンの治世へという革命的イベントが体内で展開されているわけです。

グラフ

びっくりですねー!

もちろん、女性ホルモンがなくなるからといって女でなくなるわけではなく、女は灰になるまで.....いや、灰になっても女。女性ならではの楽しみや喜びが閉経後に失われるわけではありません。

というより、以前にもまして活動的で生き生きしている人が多いのは、周りを見ればわかる通り。実はこれ、男性ホルモンのおかげなんです。

男性ホルモンは、好奇心や闘争心、リーダーシップ、さらには性的活力をアップさせる作用があるんです。 つまり、更年期以降、「男性ホルモンは女性の活力源」なんですね。

もっと言えば、そもそも私たちの個性とか魅力って男女という性別にしばられたものだけじゃないはず。晩年までボーイフレンドや友人に慕われた作家さんや女優さんはたくさんいますし、私たちの身近にもそういう先輩女性、いますよね。

彼女たちに共通しているのは、性別や年齢を超えた「人としての魅力」......なんていうと、つかみどころがないですか?

更年期前後のたくさんの女性を見てきた私が言えるのは、外見的にいつまでも若々しくて魅力的な人ほど、いわゆる「若さ」や「女」だけで勝負していないということ。 更年期は、これまで自分が勝負してきたアイテムの見直しの時期でもあるんです!

薬もサプリも不要!天然のホルモン補充法があった

ホルモンにこれだけ大きな変化が起こるのですから、その衝撃を緩和するために病院でもホルモン補充がなされます。しかし実は、病院に行かずにできるホルモン補充法があるんです!

え? 「女性ホルモンに似た作用をするイソフラボンが豊富な大豆を食べたり、サプリを飲んだりするんでしょ」ですって? いえいえ、そうじゃないんです。

それに残念ながら、イソフラボンの健康効果を享受できる日本人は約半分ほど。その人の腸内環境によっては、大豆製品を摂っても効果は得られません。

腸内環境を整えるサプリもありますが、それだって飲み続ける必要があります。

さらに、女性ホルモンも万能ではありません。美と健康を守ってくれるメリットもあれば、乳がんや子宮体がんなどのような命に関わる病気を育ててしまうデメリットも併せもっています。

現在、新たに注目されているホルモン補充療法は、なんと男性ホルモンを補う療法。女性ホルモン補充法で改善されなかった人への次の手として男性ホルモンの主な成分であるテストステロンを補充する方法があるんです。

これは、男性ホルモンの「好奇心や闘争心、リーダーシップ、さらには性的活力をアップさせる」というメリットを期待するものですが、日本では副作用の問題などもあり、まだ一般的ではありません。

私がみなさんにご紹介する方法は、副作用なしで安全に男性ホルモンのレベルを上げられる方法、かつ、ほぼすべての人に効果があるものです。

その方法は......、 ズバリ運動!

運動をすると男性ホルモンのレベルが上がることが研究で証明されているんです。

.....ん?

なんだかリアクション薄い方がいますね。 意外性がない? あたり前すぎる? 男性ホルモンはいらない⁉ ですか? 忙しくてそんな時間がない? そう! たしかに40~50代は忙しいんです。 もうすでに週1でヨガに通ってるから、運動じゃない方法が知りたい? なるほど。 みなさんのお気持ち、よくわかりました!

私がみなさんにお伝えするのは、 忙しくて運動する時間も場所も機会もない。 今すでにヨガなどの運動をしている。 本音をいうと、あまり運動が好きじゃない......。そんな人たちに、効果バツグンのとっておきの方法です。

多くの更年期経験者からの声と、フィットネスインストラクターとしての経験と知識をもとに試行錯誤。そうして生まれたのが「ちぇぶら体操」です。

自律神経を整える力、そして筋力、この2つが効率的に身につくのが特長です。スキマ時間にぜひ試してみてください。

ちぇぶら体操のやり方1

ちぇぶら体操のやり方2

ちぇぶら体操のやり方3

ちぇぶら体操のやり方4

 

 

seishun.jp

seishun.jp

PROFILE
永田京子

更年期を迎える女性の健康 サポートを目的とした、NPO法人ちぇぶら代表理事。 1000名を超える女性たちや医師の調査協力を経て“更年期対策メソッド”を研究・ 開発・普及している。企業や官公庁、医 療機関など、日本のみならず、海外などでも講演を行っている。 著書に『女40代の体にミラクルが起こ る!ちぇぶら体操』(三笠書房)。

はじめまして更年期

はじめまして更年期

  • 作者:永田 京子
  • 発売日: 2020/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)