記者会見はほんの一部 政権を支える大黒柱「官房長官」の役割とは

安倍首相の辞任、菅官房長官の総裁選出馬――。ゆくえを見守っている人の中には、そもそも「官房長官って何をするの?」という人が多いかもしれない。40年以上に及ぶ橋本五郎氏の政治記者生活から見えてきた、知られざる役割と権力の源泉を語る。

天皇陛下からのご質問

ここに象徴的なエピソードがある。

菅が現れるまで、私は中曽根康弘内閣時の後藤田正晴が戦後最強の官房長官だと思っていた。その後藤田がこんなエピソードを残している。

あるとき宮中にお伺いして、昭和天皇にある認証官(国務大臣など、天皇による認証が必要な官職)の経歴をご説明にあがった。お役目が済んだ後で、陛下からお声がかかった。

「なかなか忙しいようだね」と。後藤田が「はっ」と答えたら、「時にどうなの? 官房長官というのはどういうことをやるの?」と陛下に聞かれたという。後藤田としては突然のご質問で、何の用意もしていなかったので慌てたようだ。結局15分ほどかけてご説明申し上げた、という。これは後藤田の著書『内閣官房長官』(講談社)の「はじめに」に出てくるエピソードである。

このエピソードが象徴しているように、天皇陛下ですら、官房長官は何をやっているんだろうと思っていたということだ。ましてや一般の国民なら、なおさらよく分かっていないに違いない。

なぜそんなことになるのか。官房長官は毎日のように記者会見をやっていてその存在は誰もが知ってはいる。しかし、いったいこの人の仕事は何なのかということについては、多くの人が明確に答えられないということなのだろう。それが官房長官の仕事なのだ。

歴代官房長官の中で、内閣全体の掌握度から考えても、また官房長官として尊敬されたという意味でも、恐らく群を抜いていると思われる後藤田がこんなエピソードを残しているくらいだから、一般の国民がなかなか仕事の全容を理解できないのも無理はない。

いくつもの顔を持つ官房長官

では、官房長官というのはどういうポストなのか。官房長官のいろいろな側面を簡潔に表現すると、まず「内閣のスポークスマン」という役割が挙げられる。かつては一日3回の記者会見をやっていたが、いまは通常、午前と午後の一日2回の記者会見をしている。

これが諸外国ではどうなっているか。例えばアメリカや中国では誰がスポークスマンを務めているかというと、多くの国では日本のように閣僚(大臣)が務めているわけではない。

アメリカではホワイトハウスの報道官だ。中国でも外交部の報道官がやっている。女性報道官の華春瑩や、最近よく見る趙立堅が有名だ。

このように専門の報道官がやっている国が多いが、日本の場合は伝統的に内閣のナンバー2である官房長官がやっている。ナンバー2というのは必ずしも序列の意味ではなく、要するに首相の一番近くにいる閣僚がやっているということで、その意味では諸外国より会見をはるかに重視している。

しかも一日2回も会見をやるということで、内閣のスポークスマンというのは、非常に大きな役割があると考えられているということだ。

また総理大臣の女房役、というと語弊があるかもしれないが、要するに総理大臣といわば一心同体の、もっとも近い閣僚である。

単に距離が近いというだけでなく、「内閣の大番頭」という役割もある。第4次安倍改造内閣では、閣僚は総理大臣も含めて20人いるが、その閣僚を束ねる大事な役割担っている、とも言える。

さらに、もう一つ非常に大事なのは、行政機関である各省庁を束ねるという役割だ。各省庁に睨みを利かせ、コントロールし、マネジメントしている。

与野党の調整という役割もある。また、行政府である政府と立法府である国会との調整も、官房長官の重要な仕事の一つと言える。

こうして見ていくと、官房長官というのは、いくつもの顔を持っていることが分かる。 さまざまな顔があるからこそ、官房長官とは何をする役職なんだろうという疑問が出てくるわけだ。

その役割は「けんかの仲裁役」?

そもそも法律(国家行政組織法)では、各省庁の指揮監督をするのは担当大臣ということになっている。総理大臣は直接的には各省庁を指揮しないというのが日本の建前だ。そこが縦割りといわれるゆえんでもある。

ただし、総理大臣には閣僚の任免権があるので、閣僚を任命、あるいは罷免することを通じてその省を掌握するというかたちになる。その意味では、間接的な指揮監督システムなのである。

だから、かつてロッキード事件で当時の総理大臣・田中角栄が賄賂をもらい、その職務権限を利用して、運輸大臣を通さずにロッキード社の航空機購入を指示したということで有罪になったが、あれは国家行政組織法からすると問題のある判決でもある。建前として総理大臣に指揮監督権はないことになっているからだ。

いずれにせよ、総理大臣は、それぞれの担当大臣を通じてしかその省庁を指揮できないことになっている。各担当大臣は、それぞれの省の指揮監督権を持っている、つまり、それだけ権力を持っているということなのだ。

では、ひるがえって官房長官はどの省庁の指揮監督権を持っているか。それは、かつては内閣官房、現在は2001年の省庁再編で内閣府という大きな組織も加わったが、それらの長である総理大臣を補佐するのが官房長官の職務である。