知らない英単語をマルで囲むだけ! 4ステップの語彙力アップ術

英文

英語学習において、単語力と読解力は地球の自転と公転のようなもの。どちらかがあるだけでは前に進むことはできません。効率的な語彙力UPの秘訣を、著書累計400万部のデイビッド・セインさんに教えてもらいましょう。

知らない単語に出会ったときこそチャンス!

英文読解力をつけたいなら、読む文章量は多ければ多いに越したことはありません。欲を言えば、リーディングしているうちに、知らず知らずのうちにボキャブラリーが増えていく形が理想です。

リーディングしている時に、知らない単語が出てきたらどうしますか? そのままスルーしてしまう人もいるでしょうし、前後関係から意味を類推する人もいるでしょう。でも、私がオススメするのは「マルで囲む」(ウェブなら「書き出す」)です。

知らない単語に出会ったときこそ、ボキャブラリーを増やすチャンス! たとえば新聞なら、その一面で知らない単語をすべてマルで囲んでいくのです。そして時間のある時に、インターネットでも何でもいいのでそれらの意味を調べて、「なるほど!」と納得してください。単語帳を作ったりしなくていいです。ただ、「なるほど!」と思い、新しい言葉に触れることが大事なのです。

【4ステップ語彙増強術】

1.これは知らない単語だ→《意識》
2.知らないからマルで囲もう(書き出そう)→《行動》
3.意味を調べよう→《好奇心》
4.「なるほど!」→《認識》

この「意識→行動→好奇心→認識」の4ステップの意識の流れが大事なのです。だからその単語の意味を、頑張って覚えなくても大丈夫。その場で忘れてしまって構いません。忘れたら、また同じ4ステップを繰り返せばいいんです。「カラダで覚える」という言葉があるように、行動が伴うことで、記憶として定着しやすくなります。

では、ためしに次の英文で、わからない単語をマルで囲んで(書き出して)ください。

 

Car companies sometimes build and design interesting cars. These concept cars show what car companies think cars will look like in the future. When we see a concept car, we see what new models could look like.
The concept car may not have windows. Instead, it could have a small camera on the roof show the driver an image of the scenery outside. The seats might even rotate so the driver can face all sides, or even work from a desk or computer that is built into the car. There could even be a bed, so the driver could rest if they get sleepy. The car might have everything a driver needs!
The main purpose of a concept car is to show what future technology could look like for automobiles. Concept cars are quite popular at car shows. After all, who wouldn't want a glimpse into what the future could be like?
The one downside to these futuristic cars is they are very expensive to both design and build. Because of this, car companies can only make one or two. Due to the rarity of the cars, collectors want to buy them. But most of us will have to wait a little longer before we can own a car of the future. 

 

マルを囲んで(書き出して)余力があれば、3の「意味を調べる」に進みましょう。ただし無理することはありません。参考までに、次のような日本語になります。

 

【日本語訳】
自動車会社はときどき面白い車を設計、製造します。これらのコンセプトカーは、自動車会社が将来的に自動車がどのようになると考えているかを明らかにします。コンセプトカーを見ると、新しいモデルがどのようなものかがわかるでしょう。
コンセプトカーには窓がないかもしれません。代わりに屋根の上には小さなカメラが設置され、運転手に外の風景の画像を表示するでしょう。運転席があらゆる方角を向けるようシートを回転させたり、車に内蔵された机やコンピュータで作業ができるかもしれません。運転手が眠くなったら休めるよう、ベッドもあるかもしれません。その車には、運転手が必要とするすべてがあるかもしれないのです!
コンセプトカーの主な目的は、将来的な技術で自動車をどのようにするかを見せることです。コンセプトカーは、自動車ショーでは非常に人気があります。結局のところ、未来がどのようになるかのぞき見したくない人などいませんからね?
これらの革新的な自動車の残念な点の1つは、設計と製造の両方で非常にコストがかかることです。このため自動車会社は、1台か2台しか作ることができません。車の希少性のために、コレクターはそれらを買いたがります。しかし私たちの多くは、未来の車を所有するまで、もう少し待つ必要があります。


比較的、平易な文章です。わからない語句はそうないと思いますが、念のため語句解説をすると、以下がポイントでしょう。

 

【語句解説】
conceptcar コンセプトカー(自動車メーカーが自社の最新技術を紹介するために試作する車)
newmodel (製品などの)新モデル、新型
instead その代わりに、それどころか
rotate (軸や中心の周りを)回転する
face (顔などを)向ける、向く
built into (車に)装備されている、内蔵される
a glimpse into 垣間見る
downside 否定的側面、不都合な点
futuristic 未来の、未来的な、革新的な
rarity 珍しさ、希少性

 

ちなみに全212単語ですから、2分ほどで読み終えたいものです。ネイティブ・レベルを目指すなら、40秒ほどで読み終えるのが理想ですが、まずはスピードよりも4ステップ語彙増強術を身につけましょう。

4ステップ語彙増強術を身につける

実はこの4ステップ記憶術は、私自身が日本語を覚える時にやった方法です。毎日、新聞でわからない言葉をマルで囲んでいきます。時事英語は難しい用語が多いので、よほど優秀な人でない限り、マルの数は膨大です。

あまりに数が多すぎて、3の「意味を調べる」までたどり着かないかもしれません。でも、それでいいんです。まず1と2を行動に移した自分をたたえましょう。
意味を調べたら、その場で覚えようとしなくてOK。そんなプレッシャーをかけたら、続きません。「継続は力なり」で、とにかく「見知らぬ単語にマルをつける」作業を繰り返すだけでも、自分の現在地点を認識するのに大変役立ちます。

3と4まで行けばもうけもの。忘れたら、また何度でもマルをつけて1から4を繰り返せばいいんです。20回も繰り返せば、さすがに「この単語、何度もマルで囲んでるな〜」と思い当たるでしょう。

カラダが覚え始めたらしめたもの! 単語があなたの中に入り始めている証拠です。
気負わずマルつけを習慣にすれば、1週間後、2週間後には必ずマルの数が減っていきます。1ヶ月もやれば、新聞用語がかなりカラダに入っているはずです。そう、それこそ「語彙を身につける」ということなのです。

カラダを張って身につけた単語は、そうやすやすと逃げません。自分の血となり肉となった単語は、もう「あなたの言葉」です。外国の言語ではなく、あなたのカラダの奥底から発する言葉となるのです。

私はこのようにして、来日35年を経た今もマルつけをしています。新聞を見てはマル、雑誌を見てはマル、ネット記事ならすぐそのままググります。そうやって、日本語も自分の言葉としてきました。

忘れたら忘れたでいいんです。また調べればいいだけの話。忘れることを恐れず、ひたすら新しい単語との出会いを楽しみましょう。ひたすら単語をインプットすることが、長文を読む読解力にも、スピードにもつながるのです!

 

PROFILE
デイビッド・セイン

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での35年を越える英語指導の実績をいかし、AtoZ GUILDと共同で英語学習書、教材、Webコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。AtoZ English(www.atozenglish.jp)主宰。