もう一品に! お弁当のおかずに! レンチンでできる常備菜レシピ

ご飯、お弁当、おつまみ…。「もう一品ほしい!」というとき、あると便利なのが常備菜です。でも、便利だとはわかっていても、作るのは面倒……という人におススメなのがレンチンでできる常備菜。他の料理をしながら、あっというまにできあがります!
肉じゃが

じゃがいもはチンしてから割るのが味しみのコツ

肉じゃが

材料
2人分
牛こま切れ肉
50g
じゃがいも
1コ(120g)
大さじ1
しょうゆ
小さじ2
砂糖
大さじ1/2
玉ねぎ
1/4コ(50g)

肉じゃがの材料

作り方

1. レンジ対応の保存容器に5㎜幅の細切りにした玉ねぎ、牛肉、A(酒、しょうゆ、砂糖)を入れてよく混ぜ、 じゃがいもを皮をむかずに丸ごと入れる。

2. フタを斜めにのせて、電子レンジで6分加熱する。 フタをして4分おく。

3. じゃがいもをフォークでひと口大に割り、全体を混ぜる。

 
 
かぼちゃのしょうゆ煮

からだにうれしい野菜の副菜は、簡単手間なしで

かぼちゃのしょうゆ煮
 

材料
2人分
かぼちゃ
1/8コ(200g)
砂糖
大さじ1/2
しょうゆ
大さじ1

かぼちゃのしょうゆ煮の材料

作り方

1. レンジ対応の保存容器にひと口大に切ったかぼちゃ、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。

2. フタを斜めにのせて、電子レンジで4分加熱する。 フタをして3分おく。

 
 
ぶり大根

味がしみた大根にビックリするはず

ぶり大根

材料
2人分
ぶり
2切れ(150g)
大根
2cm(150g)
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1
しょうが(薄切り)
3枚

ぶり大根の材料

作り方

1. レンジ対応の保存容器にA(酒、しょうゆ、みりん、しょうが)を合わせ、ひと口大に切ったぶりを入れてからめる。 さらに1㎝厚さの半月切りにした大根を加えて混ぜ合わせる。

2. フタを斜めにのせて、電子レンジで4分加熱する。 フタをして3分おく。

 
 
小松菜と油揚げの煮びたし

青菜を変えれば、バリエーションは無限大

小松菜と油揚げの煮びたし

材料
2人分
小松菜
1/3束(80g)
油揚げ
1/2枚
だし汁
1/4カップ
みりん
小さじ1
しょうゆ
小さじ2

小松菜と油揚げの煮びたしの材料

作り方

1. レンジ対応の保存容器に3㎝長さに切った小松菜、細切りにし、熱湯をかけた油揚げ、A(だし汁、しょうゆ、みりん)を入れる。

2. フタを斜めにのせて、電子レンジで2分加熱する。 フタをして3分おく。

※このレシピは、角型の保存容器は 591 ml (145mm ×145mm ×63mm) のものを、丸型の保存容器は 236mlのものを使用しています。 もちろん、他のサイズの保存容器でも作れますが、加熱時間等の調節が必要です。
電子レンジ 600W を使用しています。 ただし、同じワット数でも電子レンジによってクセがありますし、ご使用のレンジ対応保存容器の形や大きさによっても多少誤差が生じます。レシピの加熱時間は目安と考えて調節してください。

 

PROFILE
検見﨑聡美

料理研究家、管理栄養士。赤堀栄養専門学校卒業後、料理研究家のアシスタントを務める。独立後はテレビや雑誌、書籍を中心に活躍。初心者でも手軽に確実に作れる料理と、そのセンスのよさには定評がある。『保存容器でつくる「おハコ」レシピ』シリーズをはじめ、『3行レシピでつくる居酒屋おつまみ』シリーズ、『「サラダチキン」「鶏むね肉」の絶品おつまみ』『塩分0gの満足ごはん』(小社刊)、『おいしさのコツが一目でわかる 基本の料理』(成美堂出版)など著書多数。

家庭料理がかんたん! 保存容器だけでレンチン「おハコ」レシピ

家庭料理がかんたん! 保存容器だけでレンチン「おハコ」レシピ

  • 作者:検見崎 聡美
  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)