「風魔の小次郎」は実在した!? 知られざる「相州乱波」という存在

城と月

忍者といえば伊賀忍者と甲賀忍者くらいしか思いつかない人が大半だが、戦国大名の耳目となって暗躍し、最後には名前も残さず歴史の闇に消えていった忍者の一族は日本各地に存在する。なかでも「相州乱波」とも呼ばれた風魔一族、「黒脛巾組」という二つの忍者集団は、歴史の流れを動かしかねないほどの働きをしていたという。

風魔は大陸からの渡来人?

風魔は、風摩、風間、風广とも書かれるが、駿河と相模にまたがる山地を本拠地とした忍者の一族である。その先祖は、伊賀か武田の忍者から分かれた一派であるという説、あるいは騎馬戦術に優れていたという他国の忍者にはない特徴から大陸からの渡来人説などがあがっているが、はっきりしたことはわかっていない。

戦国大名の嚆矢とされている北条早雲に始まる後北条氏との結び付きが深く、頭目は代々小太郎を名乗った。なかでも有名なのが、後北条氏の三代氏康、四代氏政、五代氏直に連続で仕えた五代目風魔小太郎である。以下では、この五代目風魔小太郎が忍者としてどんな活躍をしたのかを述べてみよう。

風貌魁偉な五代目風魔小太郎

風魔一族について書かれたほぼ同時代の史料は、後北条氏の家来を経て、のちに出家し随筆家となった三浦浄心という者が、江戸時代初期に著した逸話集『北条五代記』がほとんど唯一といってよい。それによると、天正年間──いわゆる織豊時代の風魔の戦闘部隊は、小太郎を筆頭に二百人余からなり、それが五十人ずつ四隊(山賊、海賊、強盗、窃盗)に分かれていたという。

頭目の五代目小太郎の風貌骨柄は、まさに化け物であった。筋骨隆々とした身の丈は七尺二寸(約二・二メートル)もあり、顔つきなどについては「眼はつり上がり、口は広く裂け、四本の牙が外に飛び出ていた。頭は福禄寿に似て鼻が高く、ひとたび高く声を発すれば五十町(五キロメートル強)は聞こえた」と描かれていた。話半分としても、かなり人間離れした人物だったことがうかがえる。

そんな五代目小太郎が配下の風魔忍者を率いて参加した合戦は二つある。まず、「河越夜戦」。武蔵国にあった北条方の河越城の争奪をめぐって、北条氏康と、上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏の三者連合軍が干戈をまじえた戦いである。この河越夜戦は戦国期にあっては、毛利元就対陶晴賢の「厳島合戦」、織田信長対今川義元の「桶狭間の戦い」と並んで、三大奇襲戦にあげられる合戦でもある。

奇襲戦で敵を消耗させる

天文十五年(一五四六年)四月二十日に起こったこの河越夜戦では、風魔はむろん北条方についた。風魔の忍者たちは城を包囲する三者連合軍の中に潜んで情報操作を行ったほか、小田原から駆け付けた北条氏康の本隊が連合軍に奇襲攻撃を仕掛けた際には、それと呼応して内側から敵に襲いかかり、連合軍を大混乱に陥らせたという。このときの風魔忍者の活躍があったればこそ、北条方は味方に十倍する八万もの敵を鮮やかに蹴散らすことができたのである。

これは江戸時代中期に成立した軍記物『関八州古戦録』に記されている話で、同書は大多数の軍記物と比べ信頼性が高いことから、この河越夜戦での風魔の活躍はおそらく本当のことであったろうとみられている。

五代目風魔小太郎が配下を率いて参加したもう一つの合戦は、北条氏政・徳川家康同盟軍と甲斐の武田勝頼が戦った「黄瀬川の戦い」(天正七年=一五七九年)である。この合戦で風魔の忍者たちは、得手の騎馬で武田の陣に昼となく夜となく奇襲を仕掛け、敵の神経を消耗させた。

こうした度重なる奇襲により、ろくろく寝ることもできなくなった武田方では同士討ちが始まってしまうほどの混乱をきたしてしまい、とうとう北条・徳川同盟軍と本格的に戦うこともせず、撤退してしまったという。

江戸に出て盗賊に成り下がる

のちに武田方ではこのときの風魔の奇襲がよほど悔しかったのか、「怨めしの風魔が忍びや」と詠じて嘆いたという。

このように織豊時代には後北条氏のために華々しい活躍を見せた風魔一族であったが、豊臣秀吉によって後北条氏が滅ぼされると、一族そろって江戸へ出て盗賊に成り下がってしまったという。このあたり、主家が滅べば次の新しい権力者にすり寄って一族存続の道を探った伊賀や甲賀の忍者とはまったく異なる。なぜ風魔は秀吉や家康にすり寄ることをしなかったのだろうか。これもまた、戦国史の大きな謎の一つに数えられている。

盗賊として江戸近辺を荒らしまわる風魔一族だったが、終焉はすぐにやってきた。元は風魔と対立した武田忍者で、風魔同様、主家が滅んでから盗賊に成り下がっていた高坂甚内という者に隠れ家を密告され、一網打尽となった。頭目である小太郎も捕縛され、すぐに処刑された。慶長八年(一六〇三年)のことだという。

ちなみに、高坂甚内もまた、風魔一族が滅亡してちょうど十年後に一味そろって捕縛され、市中引き回しのうえ、浅草の刑場で処刑されたという。どうも忍者の末路には悲惨なものが多いようである。

伊達政宗の耳目となった黒脛巾組

風魔に続いて今度は伊達政宗が抱えていた「黒脛巾組」という忍者集団について語ってみよう。黒脛巾とは黒革の脛当て、革脚絆のことで、それを装着することで組のしるしとしたのである。

『伊達秘鑑』によれば、「政宗公は安倍対馬守重定に命じて、農民などから偸になれたる者五十人を選び、扶持を与え、これを黒脛巾組と号す」とある。偸とは「盗むこと」や「盗賊」を意味し、政宗は、敵から有益な情報を盗み取ってくる間諜としての役割を期待してこの言葉を使ったのであろう。

政宗が狙ったように、この黒脛巾組の役割はあくまで諜報活動が主体で、刀や槍を振り回しての勇ましい武力行為は一切期待されていなかった。彼らは、政宗の命に従い、商人や修験者などに変装して周辺諸国に潜入し、必要な情報を盗み取ったり、敵をかく乱させるために流言蜚語を飛ばしたりしたのである。

敵陣に潜入して偽情報を流す

黒脛巾組が実際にどのような活躍をしたのか──。やはり忍者という裏方中の裏方だけに詳細は伝わっていないが、伊達家を窮地に陥れた「人取橋の戦い」(天正十三年十一月=一五八六年一月)で暗躍したことがわかっている。

これは、伊達家を相続して間もないものの台頭著しい政宗の存在を危険視した佐竹氏や蘆名氏ら南奥州の六大名が連合軍を結成して、政宗討伐に動いた戦いである。連合軍三万に対し、伊達勢はわずか七千。政宗に到底勝ち目はなく、実際、戦が始まってみれば、伊達勢は連合軍に押されまくる一方だった。

「もはやこれまでか……」
さすがの政宗も覚悟を決めた矢先、不思議なことが起こる。なんと連合軍が突然、撤退を始めたのである。こうして九死に一生を得た政宗。なぜこんなことが起きたかといえば、その裏には黒脛巾組の暗躍があったという。

政宗の命を受けた黒脛巾組が敵陣に深く潜入し、「六大名のうち、誰と誰とは仲が悪く、この合戦のさなかに騙し討ちにしようとしている」といった偽情報を六大名それぞれの陣中で流したのである。連合軍といってもしょせん寄せ集めだけに、彼らはその偽情報を信じ込み、疑心暗鬼にかかって陣を退いてしまったという次第。

この撤退劇は表向きの理由として、連合軍の主力部隊であった佐竹氏の本領(常陸国)が、水戸の江戸氏や安房の里見氏によって攻め込まれるという急報が入ったため、とされていることを付記しておく。

敵方に内紛を起こさせる

政宗と会津の蘆名義広が戦った「摺上原の戦い」(天正十七年=一五八九年)という合戦がある。これに勝利したことで政宗は南奥州を掌握できたのだが、この合戦でも黒脛巾組の暗躍が報告されている。一つには、修験者に成りすました黒脛巾組の者が蘆名氏の黒川城下(現在の会津若松市)に事前に潜入し、城内の様子や城下の地形、天候などを細大漏らさず調べ上げ、結果を政宗に知らせたことである。

さらに、蘆名氏の重臣で、この合戦で蘆名方に敗因をもたらした張本人とされる猪苗代盛国とその子盛胤に争いを起こさせ盛国を内応(裏切り)させることに成功したのも、その裏で黒脛巾組が動いていたと言われている。

この黒脛巾組については、史家の間でもその存在に疑念を持つ向きも少なくない。なぜなら黒脛巾組は、江戸の中期以降の伊達家関連の史料にのみ登場するからで、後世の創作ではないかというのだ。しかし、政宗が家督を継いでわずか五年で強豪がひしめく南奥州の覇権を握ったことを考えれば、政宗の覇業を輔佐する黒脛巾組のような闇の情報機関が身近に存在したことは間違いないだろう。

 

seishun.jp

seishun.jp

seishun.jp

PROFILE
歴史の謎研究会

歴史の闇には、まだまだ未知の事実が隠されたままになっている。その奥深くうずもれたロマンを発掘し、現代に蘇らせることを使命としている研究グループ。