人の老化は感情から始まる―認知症にならないための対策

老人

私たちは認知症になってまわりに迷惑をかけることを怖れますが、実はその認知症は突然発症するわけではなく、はるかに早く「心の老化」が起こっています。高齢者専門の精神科医として多くの患者を診てきた和田秀樹氏が、「認知症」と「心の老化」について解説し、今からできる予防習慣を紹介してくれます。

85歳を過ぎるとほぼ全員にアルツハイマーの予兆が表れる

がんの予防や対策のためには、多くの人が食事に気をつけたり、検診を受けたりしますが、「認知症(ボケ)」予防となると、「脳トレ」をやる人はいても、そのほかの予防と対策を行っている人はほとんどいないでしょう。

多くの方が心配する認知症、ボケですが、とても「漠然とした不安」です。なぜかというと、そこには大きな誤解があるからだと思います。いちばんの誤解は、「認知症、ボケが出たら、その後の人生は不幸だ」というものでしょう。認知症、ボケは、だれにでも起こりますが、どんなにボケても幸せに過ごしている人はたくさんいます。そして、だれにでも起こるけれど、なったときの備えさえしていれば、それほど大きなトラブルが生じることはあまりないのです。

実は、85歳を過ぎると、ほぼ全員の脳にアルツハイマー型の変化が起こることを、年間100例以上の高齢者の脳の解剖を行う浴風会病院に勤務中に経験しました。また、厚生労働省のまとめでは、「認知症」については、85歳以上の方の40%強がテスト上は認知症と診断されるとされています。70~74 歳では認知症有病率は4.1%ですが、80~84歳で21.8%、85~89歳で41.4%と倍増します。そして、90~94歳では61%となり、95歳以上となると実に79.5%の人が認知症と診断されるという数字があるのです(厚労省「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」平成23~24年度)。

90歳以上だと約6割の人が認知症になるのですから、これは「受け入れる」ほかないでしょう。ただし、認知症は急にくるものではなく、ゆっくりと進むものですから、むやみに怖がることはないのです。

「脳の老化」は40代から始まっている

人間の脳(大脳皮質)の表面積は、新聞紙一面くらいで、そのうち脳の各部が占める面積は、前頭葉41%、側頭葉21%、頭頂葉21%、後頭葉17%となっています。前頭葉がこれほど発達している動物はほかにはなく、人間が人間らしくあることの裏づけが前頭葉の働きだといえるでしょう。

ところが、この大切な前頭葉の萎縮は40代から目に見えるようになります。いわゆる「脳の画像」では、頭蓋骨の内側に隙間なく詰め込まれている脳をイメージしますが、こういった「きれいな脳」の状態を維持できるのは、ふつうは30代が限界です。個人差はありますが、40歳過ぎから、脳には頭蓋骨との間などに隙間が少しずつできます。

40代になって前頭葉が肉眼でわかるほどに萎縮すると、その人は30代までより創造性、自発性、意欲などの能力が低下してしまいます。50代、60代になると、さらに前頭葉の機能が低下し、「感情抑制機能」が衰えることから、些細なことで怒ったり、怒鳴ったりするようになる人もいます。

ただ、みんながみんな「問題行動」が生じるわけではありません。そして、前頭葉が萎縮しても、「知能・記憶力はほとんど落ちない」という点が重要です。前頭葉の機能が落ちても、読解力は、側頭葉の機能ですので、若い頃からむずかしい本を読んできた人は、相変わらず読んで理解できるし、文章力も落ちません。頭頂葉の機能である計算力にも影響はありません。このように、日々の生活も、まったく変わることなく送ることができるため、かえって自分の感情年齢が変化していることには、なかなか気づかないのです。

自分の「感情年齢」をチェックしてみよう

だれにでも訪れる老化ですから、自分の前頭葉がどのくらい高齢化しているかを知っておきたいものです。その「感情の老化」の状況によって、「予防と対策」も行えるからです。そのためにも、自分の「感情年齢」を知っておく必要があります。私のオリジナルの「『感情年齢』の自己診断テスト」をぜひ試してみてください。

「感情年齢」の自己診断テスト(日常編)

「感情年齢」の自己診断テスト(日常編)

「感情年齢」の自己診断テスト(仕事編)

「感情年齢」の自己診断テスト(仕事編)

感情年齢には、当然ながら個人差があり、ボケの進み方にも個人差が大きく表れます。だれにでも年齢を重ねれば脳にボケの兆候が表れます。ただし、先ほども述べましたが、脳に変化があっても日常生活にはまったく支障がないことも珍しくありません。

本人が自分の状況に気づいて、もの忘れをしないように「メモの習慣」をつけたり、日常的に、発言や行動などにも気をつけたりして、うまく適応して振る舞うことで、家族でさえ気がつかないケースもあるのです。本人がボケに気づかないことすら少なくありませんが、そんな場合も、本人が幸せならば、まったく問題ないともいえます。

ひとつ誤解が多いのは、ボケが「急にくる」ということ。認知症は「急に発症する」ということはほとんどなく、「ゆっくり進行する」のです。ある時期、ある日、急にボケるということはまず起こらなくて、そういう場合は、ほかの原因が考えられます。その代表的なものが「老人性のうつ病」です。「心の老化」を考えるうえでは、この老人性うつ病への予防と対策もしっかり取る必要があります。

「うつ」にならないために今からできる基本習慣

うつ病はある程度は予防できます。その基本は、毎日の生活からです。まずは「食生活を工夫する」ことから始めるのがいいでしょう。それには、うつ病の原因の一つではないかと考えられている、神経伝達物質セロトニンの不足を補うのがポイントです。セロトニンの原料はたんぱく質の材料となる必須アミノ酸の一種であるトリプトファンなので、「肉や魚、大豆製品を積極的に食べる」ことを意識します。

セロトニンは、コレステロールを増やすことでも脳内により効率よく運ばれると考えられています。コレステロールは、男性ホルモンの材料でもありますから、増やすことでさまざまなメリットがあるのです。

しかし、日本には検査データのコレステロール値を「目の敵」のように減らそうとする傾向があります。私は、これはそもそも間違った傾向だと思っています。心筋梗塞で死ぬ人が日本人に比べて圧倒的に多いアメリカ人は、確かにコレステロールが高すぎる人は減らしたほうがいい場合があると思いますが、日本人はまず、そんな心配をする必要はないでしょう。

アメリカではがんで亡くなる人の1.7倍の人が心筋梗塞で亡くなっているのですが、日本人は心筋梗塞で亡くなる人は、がんの半分程度です。よくいわれる、コレステロールを減らそうというのは、心筋梗塞を予防する、という意味合いが強いのです。もし、コレステロールを減らすように努めると、体の免疫機能が落ちるので、むしろがんは発症しやすくなってしまいます。実際、コレステロール値が低い人ほどがんになりやすいというデータもあるほどです。

日本では、がんでの死亡率がいちばん高いのですから、コレステロール値を減らすことばかりを目標のようにいうのは考えものでしょう。コレステロールを減らすという対策は、男性ホルモンも同時に減らしてしまうため、特に男性にとっては有効とはいえないでしょう。

次回は、家族や身近な人が「認知症」の恐れがある場合にどう対応していくべきかについて解説していきたい。

 

PROFILE
和田秀樹

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業後、東京大学附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー等を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。老年精神科医として、30年以上にわたり、高齢者医療の現場に携わっている。主な著書に『引きずらないコツ』(小社刊)、『自分が高齢になるということ』(新講社)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)などがある。