細胞レベルで若返る! 体重減だけじゃない「断食」のすごい効果

健康的な生活をする女性

体調管理やダイエット効果から「断食」が話題ですが、いざ実践するとなると「キツそう……」「かえって体調が悪くならない?」などと感じて、二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。そこで、30年間「断食」にまつわる研究を行ってきた山田豊文氏に、断食の意外な効果、週末にできる正しい断食の方法を教えてもらいました。

横綱・白鵬関も実感した若返り効果

一流と呼ばれるアスリートたちは心身ともに日々厳しい鍛錬を重ねているものだが、なかでも超一流と呼ばれるアスリートほど、食の重要性をよく理解しているものである。そのことを如実に物語るのが、平成の大横綱・白鵬関だ。

もともとは肉が好物でお酒もよく飲むという、典型的な力士に見られるような食生活を送っていた。しかし、怪我のために2016年の秋場所を休場。このとき、抜本的な肉体改造に取り組むべく、断食を行うに至ったのである。

とはいえ、大相撲の力士にとって、「食べない」という選択は非常に受け入れがたいものである。ボクシングや柔道などのほかの格闘技とは異なり、階級が分かれていない大相撲では、ウエイトが重いほうが有利に決まっている。そのため力士たちは、たとえ一時的であっても、「体重が減る」ということに大きな不安を抱いているのだ。

実際、白鵬関自身もすぐに断食を受け入れたわけではなかった。しかし私は、力士こそ断食で得られる効果は高いと確信していた。常に増量を強いられるがゆえに、無理にでも食事を摂り続けている力士の体には、間違いなく大きな負担がかかっている。そのせいで病気や故障につながったり、選手生命を短くしたりしている。そんな中で断食をおこない、全身の細胞を若返らせれば、パフォーマンスも向上するはずだ。

こうした話を白鵬関に伝えると、「細胞を若返らせる」ことの意味が感覚的に理解できたのだろう、ついに断食の実践へと踏み切ったのである。

白鵬関は3日間の断食をおこなったほか、滝行をしたり、「穀菜食」(穀物や野菜など植物性食品を中心とした食事)を徹底したりした。こうした取り組みの成果が、2017年の夏場所で1年ぶりの優勝を飾るという最高の形であらわれたのだ。

体は見るからに若返り、土俵での動きも見違えるように軽快。パワーもほかの力士にまったく負けていなかった。ウエイト重視の大相撲の世界であっても、断食を行えば若返ってパワーが増すという事実を、白鵬関が身をもって証明したわけだ。

彼はその後も、場所の合間に何度も断食を行っている。有形無形の手ごたえを、本人自身が実感しているからにほかならない。「食べるが勝ち」という角界の常識に見事なうっちゃりを決めた彼には、さらなる活躍を期待するばかりである。

ダイエットだけじゃない「断食」の意外な効果

「断食」と聞くと、ほとんどの人はダイエット効果やデトックス(解毒)効果を思い浮かべるだろう。もちろんその効果もある。しかし実は、それ以上に断食には人生を変える秘密が隠されているのだ。

それが、断食の脳への効果である。断食を経験した人は皆、頭が冴える、記憶力や理解力が高まる、物事に動じなくなる、体がしなやかに動かせるようになる、疲れにくくなる、といった変化を実感する。ひとことでいうと、脳の仕事力が飛躍的にアップするのだ。これが「断食力」である。

断食が必要なのは、先の白鵬関のようなアスリートに限った話ではない。自分の「脳力」を呼び覚ますということは、学業や仕事といった場面で、成果を出せることにつながる。つまり、断食は人間のあらゆる活動において、成功のカギを握っているのである。

忘れかけていた「空腹」の感覚に慣れる

では、実際に「断食」をはじめるにはどうしたらよいのか。もちろん、「この週末から断食に挑戦する!」となんの準備もなく始めるのは逆効果になりかねない。まずは、1日3食が定着している人には、「朝・昼・夜の3回ご飯を食べる」という呪縛から抜け出し、1日2食以下にすることを提案したい。その目的は、「空腹状態を思い出す」ことだ。

ちなみに、抜くのはどの食事でもかまわない。昼食が遅めの人は夕食を抜いてもいいだろう。1日1食にするのもいい。ちなみに私は、その日によって朝食をとらなかったり昼食を抜いたり、夜を控えめにしたりと、臨機応変に少食を心掛けるようにしている。

このように1日2食以下が習慣になってきたら、その延長で行えるのが「1日0食」だ。1食くらい抜いたところで何ともないことがわかれば、「1日食べなくても死なない」ことに気づけるだろう。この実体験こそが重要なのだ。

私がおすすめする丸1日の断食は、例えばまず、朝食に玄米ご飯のおにぎりをよく噛んで食べる。それ以降は昼食も夕食もとらずに就寝する。翌朝も食べずに過ごしたうえで、24時間が経過してから昼食を摂りはじめる。朝食ではなく昼食をスタートにするのがいい。

いずれにせよ、空腹に対する恐怖感や先入観を捨て去り、少食や断食を日常的・習慣的なものにしてほしい。そうして「お腹が減っているのが普通」という感覚がつかめれば、もうこっちのものだ。

このように、だんだん少食や空腹に慣れてきたら、週末を使った2~3日間の断食もおすすめする。この場合は、断食前後に体内環境を整える「準備期」と通常の食事に戻していく「復食期」を設ける必要がある。また、「水しか飲まない」断食ではなく、専用の酵素ドリンクを摂りながら行うようにしてほしい。

2020年も終わりに近づいており、体の疲れが出てくる今こそ、一度「断食」で体をリセットしてみてはいかがだろうか。

 

PROFILE
山田豊文

杏林予防医学研究所所長。日本幼児脂質栄養学協会(JALNI)会長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。2013年6月に「杏林アカデミー」を開校。細胞環境デザイン学を日本に広めていくための人材教育に力を注いでいる。

脳と体が若くなる断食力 (青春文庫)

脳と体が若くなる断食力 (青春文庫)

  • 作者:山田 豊文
  • 発売日: 2019/05/10
  • メディア: 文庫