「脳トレ」にはあまり効果がない!? 誤解の多い認知症の実態

脳トレ

認知症を発症すると、記憶することや読み書き、計算などができなくなり、普通の日常生活を送ることが難しくなってしまう……。こんな風に考えてはいませんか? しかし、認知症を発症したからといって、急にこれまでの自分でなくなってしまうわけではありません。老年精神科の和田秀樹氏が、誤解されている認知症の予防法と、発症したときの考え方について教えてくれました。

世間が誤解している認知症

認知症がどのような病気かということについて、本当のところは知られていません。いつか自分や家族が経験することになるのに、「正しい知識」があまりにも伝わっていないと日々、感じています。

認知症には「中核症状」と、そこから派生する「周辺症状」があり、その進行の具合、起こり方は、本当に千差万別なのです。

反対に、周辺症状の中に含まれる「行動症状」と「心理症状」についての知識も、多くの人が誤解しているか、ほとんど知られていません。この誤解が、みなさんが認知症への正しい「予防と対策」をするためのハードルとなっていると感じます。

「認知症になったら、多くの人が徘徊するのだろう」という誤解があります。しかし、認知症になったら、みんなが徘徊をし始めるわけではありません。

単純な確率論でいえば、1億3000万人の人口中の約500万人が認知症ということですから、街を歩いている人の4%くらいが認知症であってもおかしくありません。東京・渋谷の「スクランブル交差点」で、一斉に道路を渡っている人々の中にも認知症の人がいることになるはずです。

けれども、スクランブル交差点を渡る人たちが300人程度いるとして、その中に認知症の人は10人くらいいることになりますが、実際には徘徊している人はまずいません。これが認知症に対する誤解の一つだと思います。

認知症の症状としては、基本的に脳の老化による現象が進むので、「徘徊する」というより、反対におとなしくなって、外出しなくなる人のほうが多くなるのが特徴です。本当は、どんどん外出して足腰が衰えないようにしたほうがいいのですが、おとなしくなって家の中にこもりぎみになってしまうことのほうが、はるかに問題なのです。

個人差はありますが、認知症を発症すると、ほぼ確実に起こってくる症状が「中核症状」と呼ばれる症状で、そこから、いろいろな環境、元の性格、条件によって、「周辺症状」が起こります。

この周辺症状の中に、問題行動として、「行動症状」の徘徊、暴言などや、「心理症状」の不安・焦燥しょうそう、幻覚、妄想などが含まれます。ただし、これらの症状は、必ず起こるわけではありません。

認知症の「中核症状」と「周辺症状」

認知症で確実に起こるのは「中核症状」。「周辺症状」は症状の進み方や環境、性格、感情の老化度合いなどによって複数起こったり、まったく起こらなかったりと個人差が大きい

認知症についての最初の誤解は、多くの人が「認知症は突然起こる」と考えているということです。実際は、その進行には時間がかかります。また、「だれもが問題行動をする」わけではない、ということもしっかり理解しておきましょう。

徘徊といった問題行動は、起こる人と起こらない人がいる、周辺症状の一つに過ぎないのです。

早く認知症が進む人、進行が1〜2年遅れる人

ふだんシャキシャキ歩いていた高齢者が、あるとき、何かの病気になって1カ月寝込んだりすると、病気そのものがよくなっても、以前よりボケた状態になったり、以前ほどしっかり歩けなくなったりします。

一方、若い頃には、かりにスキーで足の骨を折って1カ月寝込んだりしても、そのせいで歩けなくなることはありません。

若い頃と高齢になってからの「能力の違い」は、そういうところではっきり出てきます。

歩かないでいると歩くのが目に見えて不得手になる、寝込んだ結果、ボケたようになってしまうといった、以前より明らかに能力が衰えるようなことが起こります。

医学用語でいうと、そういう状況になることを「廃用はいよう」といいます。「ある機能を病気やケガなどが原因で、一定期間使わなかったために機能が衰える」ということです。

デスクワークばかりの毎日で、日常的に運動をしていないと、以前は運動が得意だった人でも、いつの間にか足腰が衰えてしまいます。これも廃用の一例です。

体の機能を使わなかったときの衰え、「廃用」が、年を取るほど起こりやすくなるのです。

また、脳の中で変化が進んで、脳のある部分が同じくらい縮んだ人たちの状態を比較しても、「早く認知症の症状が出る人」と「認知症の症状がほとんど出ない人」がいるのも事実です。

その違いは、それまでの生活、仕事、人生において、「頭をよく使う人」だったか、「さほど頭を使うことがなかった人」だったかの差ではないかと思っています。

認知症になった場合でも、「日常的に頭をよく働かせている人」は、「中核症状」の中で記憶障害は進んだとしても、理解力・判断力の障害などの進行は遅くなると思われます。 もし2年間でも認知症が進行するのを遅らせることができれば、人生の中で認知症患者として過ごす期間を2年間減らすことができ、その分、人生の質(QOL)を長く維持することができるのです。

「脳トレ」はあまり効果がない

ただし、「頭を使う」ということに関して、これまでの研究などでわかってきたことが一つあります。

それは、理解力・判断力などの障害が進むのを抑えるという点に関しては、どうも、いわゆる「脳トレ(脳のトレーニング)」はさほど効果がない、ということです。

効果がないというとショックを受ける人がたくさんいるかもしれませんが、いわれているほど「すごく効果がある」というものではないというのが事実のようです。

かりに認知症が生じている人でも、確かに「計算練習」をさせると、計算が速くなって、計算能力は向上しています。脳の一部の働きに「脳トレ」が作用しているだろうということはいえるのです。

しかし、計算のトレーニングを重ねても、計算能力以外の「ほかの能力」にはほとんど効果がない、ということがわかってきたのです。

単純な作業のトレーニングでは、波及効果がないわけです。

脳の機能を全体として向上させたいのなら、確実にいえるのは、「脳トレ」に励むよりも、「仕事」とか「日常の作業」「人と話をする」であるとか、もっと多角的に脳のいろいろな部分を使うことをしたほうが効果的だということです。

ボケ始めた親に家族が強制的に「脳トレ」をやらせてみたところで、効果が薄いだけでなく、「嫌だ」という気分のほうが強く残ってしまうこともあります。

嫌々やらせても、場合によってはやったこと自体は忘れてしまって、「嫌なことをやらされた」というマイナスな気持ちだけが残る可能性があるのです。

そうなると、かえって問題行動が出てきてしまうことになりかねません。

認知症は「人に迷惑をかける」の大誤解

認知症において、多くの人が心配しているのが、「認知症になると人に迷惑をかける」という点です。これは「認知症になると、すぐに何もできなくなる」という誤解に起因しているのでしょう。

じつは「認知症はゆっくり進む」ということが、ほとんど知られていないのです。

そして、現代の医学では残念ながら「治る」ということはありませんが、本人と周囲の対応によって「進行を遅らせられる」ということもあまり理解されていません。

認知症=人に多大な迷惑かける、というものではないのです。

また、認知症における「多少の迷惑」は、実は「お互いさま」だととらえることもできます。だれもが、いつかは同じように人のお世話になるのです。過去に人のお世話をしてきた「お返し」だとも考えられます。

自分の老後の生活を想像して悲観的に考える人がよくいますが、実際に施設などで高齢の方を見ていると、認知症が進むとどんどん明るくなる人がけっこういます。ニコニコと楽しそうで、「この人は、今、幸せなんだな」と思います。

それはホームなどでは「好きにさせてくれる」ことが理由かもしれません。自宅などで家族と一緒だと、「何かと叱られる」ことが多く、ホームでそれから解放されて表情が明るくなることもあるようなのです。

多くの高齢者を見てきて、自分の老後の生活は、と想像すると、「自分が幸せだと思えれば、それはそれでいいのではないか」と思うのです。

 

PROFILE
和田秀樹

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業後、東京大学附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー等を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。老年精神科医として、30年以上にわたり、高齢者医療の現場に携わっている。主な著書に『引きずらないコツ』(小社刊)、『自分が高齢になるということ』(新講社)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)などがある。