きじま流・時短アクアパッツァ! サバ缶のごちそうレシピ5選

アクアパッツァや麻婆豆腐など一見手が込んでいるように見えるごちそうも、人気料理研究家のきじまりゅうたさんの腕にかかれば、簡単なのに絶品! その秘密は「フライパン1つ」という手軽さと 「サバ缶」を活用するから。メインの料理に悩んだときは ぜひ、お試しを!
アクアパッツァ

イタリアンの定番も、缶詰だから超時短

アクアパッツァ

 

材料
 
サバ缶(水煮)
1缶
にんにく
1かけ
プチトマト
5コ
オリーブ
5コ
1/2カップ
少々
オリーブ油
大さじ2
イタリアンパセリ
適宜

 

作り方

1. にんにくは粗みじん切りに、プチトマトはヘタを取る。

2. フライパンににんにくとオリーブ油大さじ1を入れて弱火にかけ、香りが立ったらプチトマト、オリーブ、サバを缶汁ごと加え、水を注いで中火にする。

3. 沸騰したら5分ほど煮て、塩で味をととのえ、オリーブ油大さじ1を回しかける。あればイタリアンパセリのみじん切りを散らす。

 
 
じゃがいもとサバのガレット

カリッとホクホクで、たまらなくうまい!

じゃがいもとサバのガレット
 

材料
 
サバ缶(水煮)
1/2缶
じゃがいも(中)
1コ(150g)
オリーブ油
大さじ2
塩、こしょう
各少々
粒マスタード
適宜
ケチャップ
適宜

 

作り方

1. サバは汁気をきってボウルに入れ、細かくつぶす。

2. じゃがいもは皮をむき、スライサーなどでせん切りにして1のボウルに入れて混ぜ合わせる。

3. フライパンにオリーブ油、2を2等分して入れて中火にかける。焼き色がついたら裏返し、さらに3~4分焼く。

4. 取り出して塩こしょうし、好みで粒マスタードやケチャップを添える。

*じゃがいものでんぷん質で固めるので、切ったじゃがいもは水にさらさないこと。

 
 
サバのてりやきつみれ

しょうがをきかせて、両面をこんがり焼きつけます

サバのてりやきつみれ

 

材料
 
サバ缶(水煮)
1缶
薄力粉
大さじ1と1/2
サラダ油
大さじ1/2
キャベツのせん切り
適量
マヨネーズ
適量
しょうゆ
大さじ1
大さじ2
みりん
大さじ1/2
おろししょうが
小さじ1/2

 

作り方

1. サバは汁気をきってボウルに入れ、細かくつ ぶして薄力粉と混ぜ合わせ、4等分にして丸く形を整える。

2. フライパンにサラダ油をひいて1を並べ入れて火にかけ、焼き色がついたら裏返して2分ほど焼きつける。

3. キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、混ぜ合わせたしょうゆ、酒、みりん、おろししょうがを加えて煮からめる。キャベツとマヨネーズを添える。

 
 
サバ大根

大根は薄めに切ることで、短時間でも味がしみる

サバ大根

材料
 
サバ缶(水煮)
1缶
大根(細)
5cm
しょうが
1かけ
みつば
適宜
3/4カップ
みそ
大さじ2
みりん
大さじ1
砂糖
大さじ1

 

作り方

1. 大根は皮を厚めにむいて1cm幅の半月切りにする。しょうがは皮ごと薄切りにする。

2. フライパンに大根とかぶるくらいの水 (分量外) を加えて火にかける。沸騰したら弱火で10分ほどゆでて、ゆで汁を捨てる。

3. 2のフライパンに、水、みそ、みりん、砂糖、しょうが、サバを缶汁ごと加えて火にかけ、煮立ったら落とし蓋をして5分ほど煮る。あればみつばを添える。

 

 
 
サバ麻婆豆腐

ひき肉をサバに変えたら、つまみになった!

サバ麻婆豆腐

材料
 
サバ缶(水煮)
1/2缶
絹ごし豆腐
1/2丁
水(水溶き片栗粉用)
小さじ2
片栗粉
小さじ1
ラー油
適量
大さじ5
ごま油
小さじ2
鶏がらスープの素
小さじ1/2
オイスターソース
小さじ1
しょうゆ
小さじ1/2
豆板醤
小さじ1/2

 

作り方

1. フライパンにサバを缶汁ごと加えて木ベラでつぶし、水、ごま油、鶏ガラスープの素、オイスターソース、しょうゆ、豆板醤を加えて火にかける。

2. 煮立ったら豆腐を1.5cm角に切って加え、弱火で5分ほど煮る。

3. 水と片栗粉を混ぜ合わせてのに加え、とろみをつける。仕上げにラー油をかける。

 

PROFILE
きじまりゅうた

東京生まれ。祖母は料理研究家の村上昭子、母は同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむ。アパレルメーカー勤務を経て、自身も料理研究家の道へ。杵島直美のアシスタントを務めて独立。現在は、NHK『きじまりゅうたの小腹がすきました」などのテレビや雑誌、書籍、Web を中心に活躍。自身の料理教室も開催している。