免疫力アップの特効薬! ポリ袋でつくる簡単ぬか漬けレシピ

おこもり時にも最適!ということから、「ぬか漬け」がブームになっています。免疫力アップにもなるので、 ぜひ日本の伝統的な発酵食を手づくりしてみましょう! 大変そう? いえいえ、「ポリ袋」で作るこの方法なら、とても簡単で失敗知らず。 この機会に、ぜひ挑戦してください。
ぬか床

面倒な手入れも、袋の上からもみもみするだけ。においもつかず、手間いらずです。

ぬか漬け

材料
 
生ぬか
500g
粗塩
80g
唐辛子
3本(種を除いてちぎる)
だし昆布
5㎝×3枚
捨て漬け要の野菜
かぶの葉など適量

 

作り方
1. 鍋に湯450ml(分量外)を沸かし、粗塩を加えて混ぜながら溶かし、冷まして塩水を作る。

作り方1

2. ポリ袋(L)にぬかを入れる。

作り方2

3. 2の袋に1の塩水を少し注ぎ入れ、袋の上からもみ合わせ、塩水をすべて注ぐ。

作り方3

4. ぬかと塩水を完全に混ぜ合わせ、なめらかにする。

作り方4

5. ぬかに唐辛子と昆布を埋め込む。乾いた昆布が飛び出ていると袋が破れる可能性があるので、袋にふれないように埋め込む。

作り方5

6. 捨て漬けとしてかぶの葉を埋め込む。捨て漬けすることでぬかの発酵が促されたり、塩分がまろやかになったりする。

作り方6

7. 袋を平らにして中の空気を抜き、口を閉じて冷暗所におく。

作り方7

8. 1日1回、ポリ袋を開けて袋の上からもみ、空気を抜いて口を閉じる。

作り方8

9. 3日たったら捨て漬けのかぶの葉を取り出す。

作り方9

10. 捨て漬け用の野菜を変えて、6~8の作業を繰り返す。[捨て漬け用の野菜]かぶの葉、白菜の外葉、キャベツの外葉、ニンジンの皮、大根の皮……など

作り方10

11. 冬場なら半月ほど、夏場なら10日ほどでしっとりとしたぬか床ができるので、捨て漬け用の野菜を取り出し、好みの野菜を漬ける。

作り方11

※ぬか床は、1日1回、ポリ袋を開けて袋の上からもみ、空気を抜いて閉じる。夏場、ぬか床は冷蔵庫で保存する。

漬けるコツ

漬ける日数


【漬け方のコツ】

◎冷蔵庫で漬ける場合は、まず常温で数時間漬けてから冷蔵庫へ。はじめから冷蔵庫で漬けると発酵が進まず、おいしく漬からない。

◎食べごろになったらぬかを落とし、ラップで包んで冷蔵庫で保存すれば、翌日までおいしく食べられる。

◎1日以上出かけるときは、ぬか床は必ず冷蔵庫で保存する。 

 

PROFILE
杵島直美
料理研究家。家庭料理研究家の第一人者であった村上昭子氏を母に持ち、アシスタントを務めたあと独立する。母から受けついだ味を大切にしつつ、新しい素材や調理法を取り入れて、時代に合った家庭料理を提案している。