延命、免疫力UP―最新研究でわかった「笑い」のすごい健康効果

笑わない人の死亡率は2倍近く上がる!?

「笑うことは健康によさそうだ」ということは、多くの方がなんとなく理解しているのではないかと思います。ここからは、「笑い」の健康効果について、最新研究の数々をご紹介していきましょう。

まずは、笑いの頻度と死亡との関係です。

これまで、米国のプロ野球選手を対象として、選手の写真上の笑顔と寿命との関連が検討されています。1952年にプロ野球選手であった230人の顔写真を分析し、笑顔の程度を3段階に評価したうえで、その後の寿命との関連を検討しました。

2009年までの追跡調査で184人が死亡し、笑顔との関連を解析した結果、笑顔がまったく見られなかった選手の平均寿命が72.9歳であったのに対し、歯を見せて満面の笑みを浮かべていた選手の寿命は79.9歳で、その差が7歳もあったとのことです。

笑いと死亡との関連は、日本でも調査されています。山形県の40歳以上の地域住民男女1万7152人を5年以上経過観察した研究では、「週に1回以上、声を出して笑っている人」を基準にすると、「月に1回未満しか声を出して笑わない人」では、5年後に亡くなる確率が2倍近くにアップすることがわかりました。

笑わない人の死亡率

「月に1回未満しか笑わない」のは、ほとんど笑わないのと同じですよね。笑いがいかに寿命にかかわっているかがよくわかるデータです。

ひと口に笑いといっても、いろいろあります。ニヤニヤする笑い、苦笑い、失笑、声を出さない笑い、微笑み、お腹の底から大爆笑などなど。しかし実は、笑いには定義があるのです。

ポイントは声を出して笑うこと。とにかく笑い声を出す。笑いには、基本的に声を出すという動作が欠かせません。単なる笑顔ではないということです。

口角が上がり、目尻が下がっていれば笑顔はつくれます。その笑顔にプラスして発声を加え、息を断続的に出す行為。これが「笑い」です。

どうせ笑うなら、小さく笑うよりも大きく笑ったほうがいいですよね。

余談ですが、笑うことができるのは人間だけ、といわれることがありますが、実は霊長類は笑うことがわかっています。

例えばゴリラやオランウータン、チンパンジーは笑います。ただ、「面白い」から笑っているのかというと、そういうわけではないようです。

もともと笑いの起源は「くすぐり」にあります。サル同士がお互いに触れ合っていて、くすぐったくなって、つい「カッカッカッ」と笑ってしまったのが起源のようです。

したがって、もしも人間がサルともっと仲良くなって、くすぐることができたとしたら、笑う可能性があるのです。

また、サルの場合は、くすぐったいことが笑いのきっかけになっているだけでなく、社会的笑いもあります。下位のサルが上位のサルに対して、媚びへつらうように笑うことが確認されています。また、マウスをくすぐると、笑いはしませんが、笑ったときと同じような周波数の声を出します。

よくネット上で犬や猫が笑っている画像がアップされていることがありますが、笑いの定義からすると、あれはあくまでも「笑顔に見える顔」であって、残念ながら本当に笑っているわけではないのです。

「大阪のおばちゃんはよく笑う」を検証してみた

笑いに地域差はあるのでしょうか。

確かに「お笑い」に関しては、関東よりも関西のほうが反応がよさそうです。そこで、秋田、大阪、高知の40歳以上の地域住民の方に同じ質問紙を用いて声を出して笑う頻度に地域差があるか調べてみました。

その結果、男性では地域差は見られませんでしたが、女性では大阪、高知、秋田の順に笑いが多かったのです。したがって「大阪のおばちゃんはよく笑う」というのは本当だということがわかりました。一方、大阪のおっちゃんはそれほどでもないようです。ただし、どの地域でも男性よりも女性のほうが笑う頻度は多く、笑いに関しては地域差よりも性差のほうが大きいようです。

大阪のおばちゃんがなぜよく笑うのかについてはわかっていませんが、個人的にはよくおしゃべりをするからという印象があります。全国いろいろな地域に講演に行っていますが、大阪の会場だと講演前からにぎやかです。さらに、笑いに対して貪欲というのもあるかもしれません。

私は大阪で働く前からストレスに関する講演をしていましたが、そのなかで笑いを取ろうとは思ってもいませんでした。ところが、大阪で講演していると、「へえー」と納得していただいたあとに、「で、そのオチは?」といわれてしまうのです。おかげで大阪で働いてからは、講演の内容に笑いの要素を多く取り入れるようになりました。私の講演はまさに大阪のおばちゃんに鍛えられたといえるでしょう。

一方、「若い娘は箸が転げても笑う」ともいいますが、おばちゃんと若い娘ではどちらがよく笑うのでしょうか? 同じように秋田、大阪で笑いと年齢との関係を調べてみると、若ければ若いほどよく笑うことがわかりました。

年代別に見た笑う頻度のデータでは、女性は「ほぼ毎日」笑う人が20代、30代では60%を超え、40 代でも50%以上、50代ではやや減って30%強になります。女性の場合、「月1~3回しか笑わない」人は、どの年代でも10%もいません。

男性では、「ほぼ毎日」笑う人が20代でも50%、30代では40%、40代では35%くらいになります。

「月1~3回しか笑わない」人は、20代こそ少ないですが、30代では10%以上、50代になると20%近くもいます。

一人暮らしの男性は、本当に笑う機会が少ないですね。特に高齢で一人暮らしの男性は、テレビを観ても笑うことはあまりないのではないでしょうか。しかし先にお話ししたように、笑う頻度が少なければ、寿命も短くなる可能性があります。

また、日本人とアメリカ人の笑いの頻度を比較すると、日本人の女性とアメリカ人の女性、そしてアメリカ人の男性もほとんど変わりません。唯一低かったのが日本人の男性です。

つまり、日本人男性は、世界的に見ても笑わないほうだということです。

小さい頃から「男子たるもの歯を見せて笑うべからず」「男のくせにヘラヘラするな」など、笑うことに対してネガティブなことをいわれた男性の割合が日本人には多いためでしょうか。

ただ、以前に比べて、若い人では笑いの性差がなくなってきていますので、これからの日本人男性にはどんどん笑っていただきたいですね。

私は管理職研修に行くことがあるのですが、参加者のほとんどは男性です。最初はみんな難しい顔をして聞いていて、ニコリともしません。真剣に聞いていただいているのかもしれませんが、雰囲気がかたいのです。

そこで途中で必ず、あとでご紹介する「笑いヨガ」を取り入れて無理やり笑わせます。すると、そこからガラッとみなさんの雰囲気が変わります。

一方、笑いは小さい頃の影響がとても大きく、育児放棄をされている赤ちゃんは、2歳くらいまで笑わないという報告があります。

赤ちゃんの笑いは、最初は「生理的微笑」といって自然に起こってくるものです。やがて、抱っこされたりあやされたりすることで笑うようになってきます。

親は「かわいい」と思うから抱っこしたりあやしたりしますね。それが赤ちゃんの社会的報酬になるわけです。要するに、笑顔になってかわいい態度をとると、抱っこしてもらえるなど、何か自分にとっていいことがあると学習します。

ところが育児放棄で無視されている状態が続くと、笑ってもメリットがない。いいことがない。だから笑うことをやめてしまうのです。

笑いとは人との交流のなかで生まれるものです。こういった対人との交流が少なくなると、笑いが減っていく。小さい頃の育児環境は、将来の感情にも大きく影響してくるのです。

医学的に見た笑いのすごい効果

笑うことは、医学的に見てどんな効果があるのでしょうか。効果は2つあります。

まず1つは、単純に笑うこと自体が運動になること。実は、笑うことは有酸素運動なのです。

有酸素運動は、酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させる運動で、ウォーキングやジョギング、水泳やサイクリングなどがこれにあたります。

もちろん、笑うことはエネルギーを短時間に燃焼するほどの強度の運動ではありませんが、何より腹筋を使います。特に声を出して笑うことは、腹式呼吸につながります。

笑うという行為は腹筋だけでなく横隔膜も使うため、15分笑うと20~40キロカロリーものエネルギーが消費されます。声を出して笑うことは、ストレス発散になるだけでなく、有酸素運動にもなるのです。

私たちは落語会で笑っているときのエネルギー消費量を呼気モニタリングによって調べてみました。すると、よく笑っている時間帯は、公園を散歩する程度の運動量になっていました。

もちろん、笑いの有酸素運動効果は本当に運動しているときの消費エネルギー量には及びません。しかし、新型コロナウイルス感染を心配されて外に行きにくい方、膝や腰が痛くて運動ができない方もいらっしゃると思います。そのような場合、家で笑っているだけでも有酸素運動効果が見込めますので、ぜひ活用してはいかがでしょうか。

2つめが、脳内リセット効果があることです。

自分が笑っているときのことを思い出してみてください。笑っているときに、何かほかの考え事をしていますか?

大笑いしているとき、人は何も考えていない、頭が空っぽの状態になっているはずです。その時間が脳をリセットするのです。

実際に実験もされています。大笑いをしているときと、麻酔で眠らせるときを比較したところ、両方とも同じようにストレスホルモンが下がったという報告があります。

笑うということが、ストレスからいったん目をそらすという作用もありますし、単純にストレスを笑い飛ばすという作用もあるのです。

笑いは集中力を高める効果もあります。

カリスマ塾講師がよくおこなっている方法で、授業の前に必ず生徒をひと笑いさせるというものがあります。授業がはじまる前の生徒たちというのは、いろいろなことを考えていて、脳が1つの方向に定まっていない状態です。笑わせることで、生徒たちの脳をリセットさせて授業に集中させるのです。

仕事でも同じです。ずっと仕事のことばかり考えていると、脳はだんだん疲れてきてしまいます。一瞬でも笑うことによって脳をリセットさせると、仕事の効率もアップします。朝、ラジオ体操のあとに笑いを取り入れている会社もあります。

また、笑ったあとは副交感神経が優位になり、リラックスに傾くため、ストレス度が下がります。ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されますが、実際に笑ったあとは唾液中のコルチゾールが減少します。

さらに、笑うと免疫細胞の1つ、NK細胞が活性化することが明らかになっています。NK細胞はがん細胞のほか、ウイルスや細菌といった外敵を攻撃してくれる働きがあります。

コルチゾールの減少とNK細胞の活性には相関関係があるため、笑うことによって自然免疫力が上がるのです。新型コロナウイルスやインフルエンザの予防効果も期待できます。 笑うことでストレスが減り、ストレスが関係する病気が笑うことで予防できるのではないかといわれているのは、このような理由からです。

PROFILE
大平哲也

福島県立医科大学医学部疫学講座主任教授。同放射線医学県民健康管理センター健康調査支援部門長。大阪大学大学院医学系研究科招へい教授。日本笑い学会理事。 福島県いわき市生まれ。福島県立医科大学卒業。筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。大阪府立成人病センター、ミネソタ大学疫学・社会健康医学部門研究員、大阪大学医学系研究科准教授などを経て現職。専門は疫学、公衆衛生学、予防医学、内科学、心身医学。 循環器疾患をはじめとする生活習慣病、認知症などの身体・心理的リスクファクターの研究および心理的健康と生活習慣との関連について研究。運動や笑いなどを使ったストレス解消法の研究でも知られており、テレビや雑誌などでも活躍している。