最速で手取り収入を増やす! あなたに最適な「副業」の見つけ方

手取りの給料がなかなか増えないこの時代、副業を認める企業が増えてきています。ただ、難しいのが本業と副業をいかに両立して続けていくかということ。自身も家事と仕事、複数の事業を両立させるため苦労してきた中小企業診断士の滝岡幸子さんに、新たな働き方を成功させる秘訣を聞きました。

副業を申告制にしたライオン株式会社

副業が成功するかどうかは、「本業と上手に両立していくこと」にかかっています。副業を認める企業は増えていますが、企業側には「本業をしっかりやること」「新しいアイデアや刺激を得て、本業に良い影響を与えること」という大前提があります。

ライオン株式会社は2020年1月、副業をこれまでの許可制から申告制に変更しました。「ライオン流 働きがい改革」にある副業に関するルールでは、副業ワーカーにとって重要な本質をズバリ明文化していますので、ここに列挙したいと思います。

副業をするにあたってのルール

1 ライバル企業や公序良俗に反する仕事は禁止する

2「本業の残業時間」と「副業の労働時間」の合計は、月80時間以内

3 翌日の勤務まで、10時間のインターバルを設ける

4「週に1日」は休む

 

1は当然のことながら、競合他社の仕事はしないこと。2から4は、体調を崩すような無理な働き方はしない、というルールですね。最も大切なことだと思います。

副業が成功するかどうかは、「本業以外の時間をどれだけ確保できるか?」にあります。やはりどれだけ好きなことでも、労働時間が増えすぎると、健康面でも精神面でも支障をきたします。タイムマネジメントの実現についても、本業にかける時間を最低限に抑えることが基本にあります。

2と4について考えると、次のような働き方が考えられます。

  • 本業がある日……残業+副業=1日3時間以内
  • 本業が休みの日……副業6時間以内(月に3日以内)

体を壊さない程度に、副業で刺激が得られて収入も得られることが理想的だと感じます。

本業と副業を両立させるための3つのポイント

家庭と仕事の両立には、私も思いっきり悩み続けてきました。完璧な両立は決してできるものではない。そう思い知らされてきました。けれど、家庭も仕事も「50%ずつの両立」ならできることがわかってきたのです。家庭と仕事の両立は、本業と副業の両立にも似ていると思います。

何かと何かをうまく両立させるために必要なことは、3つあります。

1つは、「人材の数」です。どれだけ家庭や仕事で、作業を人間の数に分散できるかどうかにかかっています。作業を分担する人間の数は多い方が良いことは、生産工場の流れ作業を考えればわかります。

しかし、令和時代の副業の場合は、かかわる人間の数が多過ぎると、伝達と意思疎通が煩雑になり、時間がかかりすぎて非効率になるような気がします。副業する仕事をつくるのであれば、関わる人間は自分ひとり、またはふたり、多くても3人くらいがよいのではないでしょうか。関わる中心人物が4人も5人もいれば、もう合議制の意思決定だけで、何日も経過してしまうかもしれないからです。

2つ目は、「機械化」です。どれだけ便利な機械を揃えて、それに頼れるか。いまどきの両立は、「便利な最新家電」なしには語れません。

3つ目は、「インターネットを最大限に活用する」こと。私自身も「ひとり起業」を20年近く続けていますが、「どうして続けてこられたのだろう? 家庭と仕事の両立を少なからずともできてきたのだろうか?」と考えると、「インターネットが発達し続けているから」だと感じます。

副業も同じで、本業をしっかりやりながら副業ワーカーとしてやっていくには、「インターネットを最大限に活用する」ことが秘訣です。

3つの要素を揃えれば、副業と本業の両立は難しくありません。

これほど副業の普及が叫ばれて、企業でも副業OKと言われるのは、「時代」の変化があってこそです。

2010年頃なら、まだインターネットサービスもスマートフォンの普及も過渡期で「(本業の勤め先がOKであれば)誰でも副業ができる時代」ではなかったでしょう。令和時代の副業は、機械とインターネットを最大限に活用するものであることは間違いありません。

楽しく副業を続けるには、本業の収入を目指さない

独立開業の場合も同じですが、最初の1〜2年で本業と同じような収入を得ることは難しいものです。

ましてや、週に1〜2日の副業で本業と同じような収入に達するには、かなりの熟練にならなければなりません。「1年目で成功させよう」なんて思っていると失敗します。

実際に、お客様が集められず、売上高が仕入れの量や経費に追いつかないパターンは多々あります。1年目にして赤字が補てんできずに廃業する人は、開業した人の5割以上に上ります。開業費用の高い飲食業においては、開業1年目の倒産が7割にも。

そこで、拙著『ど素人がはじめる起業の本』や『マイペースで働く! 女子のひとり起業』でも、「開業後のために、半年から1年間の生活資金を用意しておきましょう」とおすすめしています。

副業は、長期的な目線で「だんだん収入額を上げていこう」という気持ちの方が、結果的は成功します。

副業ワーカーとして、本業との両立を成功させるためには、

・1年目は、「副業をしている」という実績を大切にし、収入にはこだわらない

・2年目は、1年目の収入や経験値を振り返り、メリットや楽しさがあれば続ける

・3年目は、いよいよ収入にこだわり、収入額を上げていく

くらいの感覚で進めてはいかがでしょうか。

副業こそ、あなたのアイデアをそそぎ込む場だ!

副業は案外、本業よりも真剣に取り組むものかもしれません。なぜなら、あなたの未来を切り開くものだからです。「寝たまま、ラクに稼げる」副業を探している場合は、イメージと少し違うかもしれません。

副業こそ、あなたのアイデアを存分につぎ込むものになるはずです。

基本的に、「時間と共に、収入が増えていくビジネス(ストックビジネス)」を選び、副業の大切な「基本」に則った上で、「他の人とは違うこと」をしていくことが、副業の成功につながります。

他人と違うこととは、次のようなことです。

・取り組んでいる人が少ない分野を選ぶ(ニッチな分野)

・多くの人がやらないような方法を取り入れる(たとえば、週3日だけの営業、基本的にやりとりはメールやFacebookだけで電話に出ない、早朝に副業をする、など)

・副業で少し儲かっても、本業をやめないで、生活の安定を図る

・本業では効率的に仕事をこなし、周囲の声に惑わされず、定時に帰れる日を増やす

・周りの人がアドバイスしがちなことにとらわれず、自分の直感を信じて動く

常に「他人とは違う道を行こう」という気持ちが、結果的に、自分しか持ちえない働き方の創造につながっていきます。この本を手に取ってくださったあなたが、本当に手にしたいのは、副業そのものではなく、「もっと自由で、自分らしい働き方」や「雇用先に左右されない、自分らしい生き方」ではないでしょうか。

副業をはじめる時点から「他人と違うことをしていこう」と強く決心することで、世間で流れている情報に惑わされないで、本業と副業の両立というマイウェイを歩んでいけるのではないか。そう思っています。

 

PROFILE
滝岡幸子
中小企業診断士・経営コンサルタント、「ひとり起業塾」主宰、ポテンシャル経営研究所代表。 外資系コンサルティング会社・プライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)にて企業の戦略立案、業務改善に従事。2002年に有限会社ポテンシャルを設立。大企業とは異なる、身の丈に合った経営戦略や働き方を研究し、世の中に提案している。起業家の生き方、中小企業が勝ち抜く戦略を考えることをライフワークとし、中小企業のコンサルティング、企業研修、講演・ワークショップ・セミナー、各種メディアでの執筆など多方面で活躍。 著書に『ど素人がはじめる起業の本』『図解 ひとりではじめる起業・独立』(翔泳社)、『マイペースで働く! 女子のひとり起業』『マイペースで働く! 自宅でひとり起業 仕事図鑑』(同文舘出版)などがある。
女子の副業 夢もお金もあきらめない。

女子の副業 夢もお金もあきらめない。

  • 作者:滝岡 幸子
  • 発売日: 2020/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)