今夜はビール? やみつき確定の「発酵おつまみ」【ザワークラフト】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進みすぎてしまうかもしれないので要注意!
即席ザワークラフト

サラダ感覚で食べられる洋風の漬物。肉料理の付け合わせとしても大活躍します!

ザワークラフト

 

材料
 
キャベツ
400g
小さじ1+小さじ1
レモン汁
1コ分
大さじ1
砂糖
小さじ1
粗びき黒こしょう
小さじ1/2

 

作り方
1. キャベツは芯をそぎ切りにし、7~8㎜幅の細切りにする。

作り方1

 

2. ポリ袋(Mサイズ)にキャベツを入れて塩小さじ1をふり、もみ混ぜて30分おく。

作り方2

 

3. キャベツを、袋の上からきゅっとしぼって汁をきる。

作り方3

 

4. 3の袋に、塩小さじ1、レモン汁、酢、砂糖、粗びき黒こしょうを加える。

作り方4

 

5. 袋の上からもみ混ぜ、袋の中の空気を抜いて口を閉じ、1日漬ける。食べる分だけ取り出して冷蔵庫で保存し、3~4日で食べきる。

作り方5

 

PROFILE
杵島直美
料理研究家。家庭料理研究家の第一人者であった村上昭子氏を母に持ち、アシスタントを務めたあと独立する。母から受けついだ味を大切にしつつ、新しい素材や調理法を取り入れて、時代に合った家庭料理を提案している。