ポリ袋でつくるから簡単、なのに絶品! 冬の定番「白菜漬け」

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る白菜漬け。手軽さと発酵による美味しさで、思わず食べすぎてしまうかもしれないので要注意!
白菜漬け

少しずつ漬けられるので、持て余してしまうことがありません!

白菜漬け

材料
 

材料

白菜
1/4コ(約1kg)
粗塩
小干した白菜の目方の3%(干した白菜は約850gにな るので、塩は25gくらい)
ゆず
1/2コ
昆布
5cm×2枚
辛子
2本
粗びき黒こしょう
小さじ1/2

 

作り方
1. 白菜は根元に切り込みを入れて、そこから手で2等分に裂き、水洗いして水気をきる。

白菜漬け

 

2. 白菜をザルにのせ、天日に半日ほど干す(曇りの日は1日)。

白菜漬け

 

3. ゆずは皮つきのまま1.5cm幅の半月切りにする。唐辛子は種を取り除いてちぎる。

白菜漬け

 

4. ポリ袋(L)に白菜を入れ、根元のほうに塩をこすりつける。葉と葉の間にもこすりつけ、根元に近いほうを多めにする。

白菜漬け

 

5. 残りの白菜も同様にして、互い違いになるように袋に入れる。

白菜漬け

 

6. ゆず、昆布、唐辛子を加え、塩が残っていれば全部ふり入れて全体になじませる。

白菜漬け

 

7. 袋の中の空気を抜いて口を閉じ、バットに入れて2kg程度の重石をのせる。

白菜漬け

 

8. 2日で漬けあがり、その後は冷蔵庫で保存する。食べるときは白菜は3~4cm幅に切って汁気をしぼり、昆布とゆずは細切りにして盛りつける。

白菜漬け

 

PROFILE
杵島直美
料理研究家。家庭料理研究家の第一人者であった村上昭子氏を母に持ち、アシスタントを務めたあと独立する。母から受けついだ味を大切にしつつ、新しい素材や調理法を取り入れて、時代に合った家庭料理を提案している。