ベテランアナウンサーも間違える!意味を取り違えやすい言葉20選

一般的に使われている言葉なのに、実は意味を取り違えた使い方だった…という言葉はたくさんあります。多数派なんだからいいじゃないかと言われればそれまでですが、日本語はあくまで正しく使いたいもの。知らずのうちに日本語の「誤用」をしていないか、チェックしてみましょう。

「世論調査」でわかった意味の取り違えが多い言葉

以下の言葉について、あなたは意味を正しく理解して使えているでしょうか? 

破天荒

本来の意味は「誰も成しえなかったことをすること」。それなのに、文化庁が行っている「国語に関する世論調査」では、64.2%の人が「豪快で大胆な様子」という意味だと思っていた言葉。

御の字

本来の意味は「大いにありがたい」。「調査」では、51.4%の人が「一応、納得できる」という意味だと思っていた言葉。

敷居が高い

本来の意味は「相手に不義理をして、行きにくい」なのに、45.6%の人が「高級すぎたり、上品すぎたりして、入りにくい」という意味だと思っていた言葉。

さわり

本来の意味は「話などの要点」。ところが、59.3%もの人が「話などの最初の部分」だと思っていた言葉。

憮然

本来の意味は「失望してぼんやりしている様子」なのに、69.4%もの人が「腹を立てている様子」だと思っていた熟語。

檄を飛ばす

本来の意味は「自分の主張や考えを広く世に知らせること」だが、74.1%もの人が「元気のない者に刺激を与えて活気づけること」と思っていた言葉。

やおら

本来の意味は「ゆっくりと」。それなのに、43.7%の人が「急に」「いきなり」という意味だと思っていた。

姑息

本来の意味は「一時しのぎ」だが、69.8%もの人が「ひきょうな」という意味だと思っていた言葉。「姑息な手段」はひきょうな手段ではなく、一時しのぎの手段。

雨模様

本来の意味は「雨が降りそうな様子」だが、47.5%もの人が「小雨が降ったりやんだりしている様子」という意味だと思っていた言葉。

にやける

本来の意味は「なよなよしている」だが、76.5%もの人が「薄笑いを浮かべている」という意味だと思っていた言葉。

うがった見方をする

本来の意味は「物事の本質をとらえた見方をする」だが、48.2%もの人が「疑ってかかるような見方をする」という意味だと思っていた言葉。

失笑する

本来の意味は「こらえきれず吹き出して笑う」だが、60.4%もの人が「笑いもでないくらいあきれる」という意味だと思っていた言葉。

やぶさかでない

本来の意味は「喜んでする」だが、43.7%もの人が「仕方なくする」という意味だと思っていた言葉。

おもむろに

本来の意味は「ゆっくりと」だが、40.8%の人が「不意に」という意味だと思っていた言葉。「おもむろに起き上がる」はゆっくり起き上がるという意味。

“言葉のプロ”も意味を取り違えやすい言葉

秋の夜長

NHKでは、秋分の日から11月初旬まで使い、それ以降は使わないようにしている。例年、11月7日頃が「立冬」に当たり、それ以降は暦の上では冬になるためだろう。

間一髪アウト

プロの書き手の間でも、「変だよ」「許容範囲だよ」と議論になる語。「間一髪」は、今にも危険な状態になりそうなときに使う語であり、「間一髪セーフ」なら、「もう少しでアウトというところで切り抜け、セーフ」という意味が成立する。一方、「間一髪アウト」は、最終的にアウトになり、危機を切り抜けていないため、会話はともかく、文章に使うのはNGと感じる書き手もいる。

(春や初夏に)さわやかな季節

「さわやか」は俳句では秋の季語で、空気がよく乾いた秋晴れの日にふさわしい形容詞。春や初夏の天気のいい日に使うのは不適切と感じる、言葉のニュアンスに敏感な人もいる。

じりじりと遅れていく

「じりじり」は、「近づいていく」ときに使う副詞。テレビ・ラジオ局では、マラソンや駅伝の実況放送で、「じりじりと遅れていく」とアナウンスしないように指導している。ただし、現実には「じりじりと引き離されていきます」などと、遅れていく形容にも使われている。

名前負けする

近年、とりわけスポーツ関係で、「名前負け」を「相手の名前に対してひるむ」という意味で使うケースが目立っている。これは誤用で、正しい意味は、(自分の)名前が立派すぎて、実力が伴わないこと。

(一人の)名選手を輩出する

「輩出する」は複数の人材が世に出ることで、「数々の名選手を輩出した高校」のように使う。「松井選手を輩出した高校」のように、対象が一人の場合に使うのは誤用になる。

 

PROFILE
話題の達人倶楽部

カジュアルな話題から高尚なジャンルまで、あらゆる分野の情報を網羅し、常に話題の中心を追いかける柔軟思考型プロ集団。彼らの提供する話題のクオリティの高さは、業界内外で注目のマトである。