缶詰にも“食べごろ”がある!? 知って得する食べものの雑学5選

「唐揚げにはレモン」「チャーハンには冷やごはん」といったことは当たり前のように思われていますが、「なぜ?」と聞かれるとよくわからないかもしれません。そうした料理にまつわる意外な疑問について、5つご紹介します。

缶詰の食べごろはいつ?

フルーツや野菜、肉、魚などの長期保存がきく缶詰は便利な食品だ。災害に備えた保存食としてだけでなく、上手に使えば毎日の料理にも簡単にバリエーションをつけることができる。

その缶詰に記載されているのが「賞味期限」であり、これは美味しく食べることができる期限を意味する。食材によって異なるが、おおむね製造日から3年程度に設定されているものが多い。

この期限内であれば、美味しさは保証されているということになるが、より美味しく食べるにはどれくらいの期間を目安にすればいいのだろうか。

野菜などの水煮なら製造日に近いほうが歯触りがよく、果物のシロップ漬けなら製造日から半年ほど過ぎると味がよほどよくしみ込んでいる。

また、サバ缶やツナ缶などのオイル漬けや、みそ煮などの肉や魚の缶詰なら、長く保存してあるほど美味しいという。

とはいっても、あくまでも味の好みは人それぞれなので、賞味期限内で食べ比べてみるのもおすすめだ。自分好みの食べ頃を見つけてみよう

「チャーハンをつくるなら冷や飯がいい」は本当?

チャーハンは手軽な料理というイメージがあるが、実際に作ってみると案外むずかしいことがわかる。中華レストランなどで出てくるような、米粒がパラッとほぐれてまんべんなく味がついている状態にするのは至難のワザなのだ。

ところで、家庭でチャーハンを作るとき には「冷たいご飯」を使うといいというのはよくいわれることだが、これには異論がある。

たしかに、冷や飯は炊き立てのご飯に比べれば水分の量が少ない分、仕上がりがベチャッとしない。しかし、ほぐすのに時間がかかってしまい、炒めているうちにダマになったり焦げついたりしやすいのだ。

その点、温かいご飯には水分が多いというデメリットがあるものの、ほぐれやすくて炒めやすい。炒め油の分量や火力に気をつければ、素人でも比較的パラッとしたチャーハンができやすいのである

そもそもなぜ「唐揚げにレモン」なのか

ビールのお供に、お弁当の主役に、唐揚げは大人から子どもまで大好きな国民的フードといっても過言ではない。

家庭の数だけ味つけがあるともいえるが、山盛りの唐揚げの皿にそっと添えられているといえば、レモンだろう。

唐揚げにレモンを絞るか否かは対立が生じかねないテーマだが、「食べ合わせ」という点からは理想的な組み合わせであることに間違いはない。

レモンには腸で脂肪が吸収されるのをおさえる働きがあるので、油で揚げた鶏肉と一緒にとることは健康面からもおすすめできる食べ方なのだ。

とはいえ、複数で食事するときには、大皿に載った唐揚げにいきなりレモンを絞るのはまずい。食べ方も好みも十人十色であることを肝に銘じておきたい

カレーをよそうときの秘策

カレーを鍋から器によそうとき、お玉の底からぽたぽたとしずくが垂れてしまうことがあるが、これを簡単に防ぐ裏ワザがある。

お玉を鍋から離すときに、お玉の底の部分を鍋の中のカレーにちょっとだけ触れさせるのだ。たったこれだけで、お玉の底から汁気がなくなって、途中で垂れることがなくなる。

これは、小学校の時に理科で習った「液体の表面張力」によるもの。お玉の底に残っているカレーが鍋の中のカレーの表面に触れると、その表面張力に引っ張られてカレーの汁気が吸収されるからだ。その結果、お玉の底がきれいになって上手によそえる。

カレーに限らず、お玉でよそう汁物なら同じことがいえるので、ぜひ試してみて欲しい。

七味唐辛子の「七味」とは?

うどんやそばなどの薬味から、炒め物や汁物のアクセントまで、唐辛子の用途は幅広い。一般的に唐辛子を使う時には、一味唐辛子か七味唐辛子を使うことが多いが、この一味と七味の違いは、使われている素材の種類(数)の差だ。

一味唐辛子には、唐辛子だけしか使われていないが、七味唐辛子には唐辛子以外にもケシ、ゴマ、陳皮、山椒、ショウガ、海苔、菜種、紫蘇、麻の実などの素材がブレンドされている。

ちなみに、一味唐辛子には唐辛子だけしか使われていないので辛みが強い。一方の七味は辛みがマイルドで、香りなどの風味がプラスされている。

それぞれの特徴を知っておけば、料理によって使い分けることができるだろう。 

 

seishun.jp

PROFILE
雑学の森探検隊

「なぜ?」「どうして?」と思いながら、多くの人が答えの手がかりさえ見つけられないままになってしまう日々のさりげない疑問を掘り起こし、最後まで調査・検証することを信条とするライター・編集者チーム。尽きることのない人間の好奇心に寄り添い、その「知りたい」という欲求に応えるべく、日々活動している。

ハマる! ウケる! カシコくなる! 雑学の森

ハマる! ウケる! カシコくなる! 雑学の森

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)