温かい物を食べても腸は冷えたまま…免疫低下を招く“腸冷え”とは

野菜スープ

感染症のリスクを減らすためには、免疫力の低下に注意が必要です。気づきにくいことですが、実は「腸の冷え」がいろいろな体の不調の原因になっています。医学博士の松生恒夫先生に、正しい腸の温め方を教えてもらいました。

腸が冷えると免疫力が低下する理由

そもそも冷えとは気温や服装、食習慣などによって起こる血行不良です。血行不良によって栄養素が全身にまわりにくくなったり、細胞のはたらきが低下したりすることがあるのです。

この冷えが慢性化すると、腸そのものが冷えて動きが悪くなるうえ、血管や内臓のはたらきをコントロールする自律神経の調子もくるい、交感神経が優位になって、腸の動きをさらに悪化させてしまいます。

小腸にはウイルスやがん細胞などの異物を排除する免疫細胞・リンパ球の60%以上が集まっており、腸内環境と免疫機能には密接な関係があることがわかっています。つまり、腸が冷えて働きが悪くなると、免疫力の低下を招いてしまうのです。

私たちを取り巻く大気や水、土、生物といった環境には、常にウイルスや細菌が存在しています。私たちには、それらが体内に侵入したときに即座に反応し、排除する自己防御システムが備わっていますが、免疫力が低下していると、そのシステムがうまくはたらかなくなり、風邪やインフルエンザ、腸炎などの感染症にかかりやすくなってしまいます。

リンパ球はがんの予防にも貢献しています。がん細胞は私たちの体内で毎日自然に出現しているものですが、リンパ球がそれを見つけて攻撃し、増殖を防いでいるのです。免疫力が低下すると、がん細胞は一気に勢力を拡大してしまいます。

また、免疫はアレルギーとも深い関わりがあります。最近、「腸内環境を整えると花粉症予防になる」という話を聞いたことはないでしょうか。アレルギー症状は、免疫機能の過剰反応によるものです。近年の研究では、腸内フローラの異常と、アレルギーの発症には何らかの関係があると考えられています。

善玉菌をサポートする細菌群の多い人はアレルギー疾患にかかりにくい傾向がある、ということも判明しています。

温かいものを食べるだけではダメ

生活習慣の中でも、「食」は腸の健康にとって最も大切な要素です。とくに大腸のはたらきを活発にするために欠かせないのが、朝食です。朝は、大腸が内容物を排泄するために押し出す「ぜん動」運動の中でも、最も大きな「大ぜん動」が起きやすい時間帯。そこに朝食をしっかり食べることで、胃から大腸へ刺激が伝わり、排便を促すことができるのです。

この大切な朝食に、どのような食べ物・食べ方がよいのかを検証するため、フジッコ株式会社と共同で、食べ物と腸の温度の関連性を調べてみました。次の図は20代の女性が朝食に(1)豆や雑穀、野菜が入った具だくさんのスープを飲んだ場合と、(2)具のないコンソメスープを飲んだ場合の、食後の腹部の温度変化を示すサーモグラフィー画像です。

サーモグラフィ

(1)は食後30分、60分、120分と時間が経過するにつれ、上半身全体の温度が上がっている(赤くなっている)のに対し、(2)は食後30分をピークにだんだんと温度が下がっているのがわかります。また、上半身の末端である手の温度を見ても、(1)のほうが断然、温め力が高いことがわかります。

つまり、ただ温かい飲み物を飲めば温まる、というわけではなく、食物繊維たっぷりの具材をしっかり食べることが、胃腸のみならずからだ全体を、長時間にわたって温めるということが判明したのです。

腸に効くカレーとEXVオリーブオイルの組み合わせ

からだを温めて、大腸を動かすのに持ってこいのメニューが、みなさんおなじみのカレーです。カレーを食べたあとには、ジワッと汗をかき、からだ全体がほてるような感覚になったことはありませんか。それはカレーに含まれるシナモン、ジンジャーなどのスパイスによる効果です。

実際、次のようなケースがありました。2011年、日本を突然襲った東日本大震災の後で、急激な環境の変化によるストレスや、トイレ不足が原因で便秘になるなど、被災者の方々からさまざまな腸のトラブルが報告されたのです。

それに関して、解決できる方法はないかと、ある新聞社から取材を受けました。当時は、季節的にもまだ寒く、お腹が冷えてしまうことも問題になっていました。そこで提案したのが、手に入りやすく調理も簡単なカレー味のカップ麺に、EXVオリーブオイルを入れて摂取する方法です。

お腹の冷えを解消するには、直接温かいものを飲むことが有効です。寒い時期に白湯を飲むだけでいくらかからだが温まるのは、誰もが経験したことがあるでしょう。水分を摂取することで便秘の解消にも効果が期待できます。しかし、これだけではなかなか排便促進につながりません。

そこで、温め効果の高いスパイスが入ったカレーと、保温力が高く、大腸のはたらきを促すEXVオリーブオイルの組み合わせを提案したのでした。もちろん、ふつうのカレーにEXVオリーブオイルをたらすのでもOKです。もし、胃腸の冷えを強く感じる方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

 

PROFILE
松生 恒夫

1955年東京生まれ。松生クリニック院長。医学博士。東京慈恵会医科大学卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門病センター診療部長などを経て、2004年、東京都立川市に松生クリニックを開業。現在までに5万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた第一人者で、地中海式食生活、漢方療法、音楽療法などを診療に取り入れ、治療効果を上げている。おもな著書に『「腸ストレス」を取り去る習慣』『「腸の老化」を止める食事術』『「炭水化物」を抜くと腸はダメになる』(いずれも小社刊)などがある。