家にある食材ですぐ絶品! ポリ袋でつくる発酵食レシピ3選

発酵食というとヨーグルトや納豆、塩麹などが思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも「酢」や「みそ」、「みりん」などの立派な発酵食材が身近にあります。今回はポリ袋で作る発酵食レシピを3つご紹介。思い立ったらすぐ試してみましょう!
ゆで卵の酢じょうゆ漬け

世界一おいしい味つけ卵の作り方、です。

発酵食

材料
 
4コ

 

(発酵床)

大さじ3
しょうゆ
大さじ2
みりん
大さじ1

 

作り方

1. ポリ袋(Mサイズ)に発酵床の材料を入れて混ぜる。

2. 卵は常温に戻し、沸騰した湯に入れて8分ゆでて水にとり、殻をむく。

3. 1の発酵床に2のゆで卵を入れ、袋の中の空気を抜いて口を閉じる。冷蔵庫で1日漬ける。

発酵食

こんな食材でも!

鶏もも肉――発酵床にひと晩漬け、汁気をきってフライパンで焼くだけ。

 

 

いわしのみりん焼き

みりん干しより身がふっくらおいしく仕上がる自信作。

発酵食

材料
 
いわし
4尾
白ごま
小さじ2
大根おろし
適宜

 

(発酵床)

みりん
大さじ3
小さじ1/3

 

作り方

1. ポリ袋(M)に発酵床の材料を入れて混ぜる。

2. いわしは手開きにして1の発酵床に入れ、袋の中の空気を抜いて口を閉じる。冷蔵庫で1日漬ける。

3. 2のいわしをザルにあげて汁気をよくきり、両面に白ごまをふって魚焼きグリルで焼く。盛りつけて好みで大根おろしを添える。

発酵食

こんな食材でも!

トマト――くし形に切り、発酵床にひと晩漬ける。

 

 

豆腐のみそ漬け

日本酒を呑みながら、ゆっくり味わいたい一品です。

発酵食

材料
 
木綿豆腐
小1丁

 

(発酵床)

みそ
大さじ4(70g)
大さじ1
一味唐辛子
小さじ1/4

 

作り方

1. ポリ袋(M)に発酵床の材料を入れ、袋の上からもみ混ぜる。

2. 豆腐は高さを半分に切り、キッチンペーパーで包んで30分以上おいて水きりする。

3. 2の豆腐を1の袋に入れ、発酵床で包むようにまとわせ、袋の中の空気を抜いて口を閉じる。 冷蔵庫で1日漬ける。

4. 豆腐の床をぬぐい取って盛りつける。好みで卵黄をからめてもおいしい。

発酵食

こんな食材でも!

いわし――いわしは手開きにし、発酵床にひと晩漬け、床をぬぐい取って魚焼きグリルで焼く。

 

PROFILE
杵島直美
料理研究家。家庭料理研究家の第一人者であった村上昭子氏を母に持ち、アシスタントを務めたあと独立する。母から受けついだ味を大切にしつつ、新しい素材や調理法を取り入れて、時代に合った家庭料理を提案している。