中学受験は課金ゲーム!? 成績急上昇の切り札「家庭教師」の使い方

家庭教師と子ども

中学受験に取り組んでいるものの、塾だけで成績が伸びない、またはより学力をつけたい場合、家庭教師を併用するケースもあります。ただし、家庭教師なら誰でもいいというわけではなく、その選び方によって結果は大きく変わってきます。長年、塾講師と家庭教師として活躍してきた西村則康先生に、家庭教師を中学受験に取り入れる場合のポイントをうかがいました。

家庭教師を併用するなら“週1日”がいい

中学受験を控えた小学6年生は、1週間に4日は塾に通います。たとえばSAPIXなら、1学期は火・木・土に授業(土曜は土曜特訓)があり、2学期になると日曜日に志望校別特訓が始まるので、週4日になります。

すると残りは週3日。2日は自分で勉強する時間としてキープし、残る1日は家庭教師とともに勉強するというのが、家庭教師と塾の併用で一番多いパターンです。週2回も3回も家庭教師が来てしまうと、自分ひとりで勉強する時間がとれなくなってしまいます。

中学受験における家庭教師の役割というのは、受験勉強をいかに効率的にやるかというアドバイスをしながら、塾の授業で理解があいまいだった部分をきちんと定着させ、試験で使える状態にすることです。家庭教師だけで中学受験を乗り切るというのは、非常にまれなケース。中学受験に対応できるレベルの家庭教師を最低でも週3回頼み、続けて何年間か来てもらうことになると、費用も大変なものになってしまいます。

「知り合いの東大生」に家庭教師を頼むと必ず失敗する

家庭教師を頼むときに気をつけていただきたいのは、必ず一定以上のレベルの、プロの家庭教師に頼むということです。

「親戚に東大に受かったお兄ちゃんがいるから1週間に一度勉強をみてもらいましょう」というのは、学力をきちんと伸ばしたい場合だとまず失敗します。そのお兄ちゃんがどんなに優秀で、優しくて親切でも、家庭教師というのは東大に入った人なら誰でもできるというものではないからです。

遊びの延長レベルで、大学生活の話を聞かせてもらったりするのは楽しいかもしれませんが、家庭教師というのは、いつも本人自身が学問や勉強に対して真摯に向き合い努力し、その姿勢を子どもにも見せなければならない仕事です。本来であれば、学生のアルバイトでできるような仕事ではありません。

中学受験では、「何をやらせるか」より「どのようにやらせるか」のほうが大事です。「自分がやってきたやり方」ではなく、その子に合った「やり方」を考えて、指導しなくてはならないのです。

結局ほとんどの場合、問題をたくさん解かせて見ているだけ、暗記の語呂合わせを教えるだけ、みたいなことになってしまいます。「目の前の子どもがなかなか理解してくれない。ではどう教えればいいか」という引き出しを、普通の大学生はほとんど持っていないのです。

スポーツでも、現役選手がいきなりコーチや監督になってもうまくいきません。引退後、指導者になるための勉強を積み重ねて、やっと指導者への道を踏み出すのです。

これは家庭教師でも同じこと。大手塾の場合は、塾内で最低限の研修を行って講師を育成することが可能ですが、家庭教師の派遣会社ではそれがまったくないといっていいのです。自己研修ができないと、いつまでたっても素人のままです。

家庭教師の力量は親が見抜くしかない

では、優秀で自分の子どもに合った家庭教師はどうやって選べばいいのでしょうか? 実はこれ、とても難しい問題なのです。家庭教師の派遣会社もあれば、個人で張り紙をしていることもあります。そこからどうやって力量を見定め、子どもと相性がいい人を探せばいいのでしょうか。

本来なら、プロの家庭教師を名乗る以上、どんなタイプの子どもに臨機応変に合わせられることが基本ですが、こうした先生は数少ないというのが現状です。

「先生に来ていただくようになって3カ月以上たつけど、成績がまったく上がらないのですが」と派遣元の会社に電話しても、「相性もありますからね、先生を変えてみましょうか」などと逃げるところは、別の先生が来てもあまり変わらないでしょう。単に力量のない先生が多いのだと思います。「合わなければどんどん先生を変えていいですよ」などと堂々と謳っている会社も非常にあぶなっかしいと言えます。

結局のところ、親がちゃんと先生をチェックして力量を見抜くしかないのです。まずは「体験授業」をしてもらう必要があるのですが、これがなかなかのくせ者。「体験授業あり」と謳っていても、やってくるのは地域の営業担当者や責任者で、実際に担当してくれる先生とは別である場合が多いのです。

家庭教師派遣会社はアルバイトや契約の先生との雇用契約はしっかり結び、トラブルが起きないよう気を遣いますが、肝心の「家庭教師としての力量」を伸ばし、レベルを上げようと教育を行っているところは非常に少ないのです。身だしなみや、「親にこう言われたらこう答えろ」といったマニュアルはあっても、教え方は本人まかせというのがほとんどです。

“当たり家庭教師”を選ぶチェックポイント

ここで、家庭教師を決める前、無料体験授業の時にチェックすべきポイントを列挙しておきましょう。

・身だしなみはきちんとしているか?
(→清潔感があり、常識的な服装であればOK)
・きちんと挨拶ができるか?
(→講師自身がきちんと挨拶をし、指導の前後に子どもにも「よろしくお願いします」「ありがとうございました」と言うよう促している)
・正しい位置に座って指導しているか?
(→家庭教師が説明することが多いような場合は右側、子どもの行動を注視する必要が多いような場合は左側に座るのが「正解」)
・子どもとうまく接することができているか?
(→指導中にいいタイミングで声をかけたり質問したり、できたときにはほめて、子どものやる気を盛り上げようとしている)
・子どもを楽しませることができているか?
(→講師が楽しませようという努力、工夫をしている)
・通常のコミュニケーション能力があるか?
(→家庭教師の中には、実は対人恐怖症ぎみの人も)
・親の相談にきちんと乗ってくれるか?
(→たとえば塾の勉強の進め方、塾の先生との接し方、志望校対策、最近の子どもの成長具合などに的確なアドバイスができる)
・講師としての指導スキル、力量は十分か?
(→初見の問題でもすぐに説明ができる。またひとつの問題に複数の解法を示すことができる)
・子どもの個性やクセをすぐに見抜けているか?
(→子どもが最近受けたテストを見せて、チェックしてもらうとわかる。点数ではなく、式や余白の書き込み、メモのような「作業の痕跡」から子どものクセなどを見抜ける)
・学習に必要な「姿勢」「鉛筆の持ち方」まで指導しているか?
(→子どもの目線の動き、鉛筆の持ち方、座る姿勢など、基本的なところまで注意をはらってくれている)
・授業中に子ども自身に説明をさせているか?
(→ときには講師が生徒役になって、子ども自身に解法の説明をさせる)
・短所ばかりを注意していないか?
(→子どもの長所を見つけてほめる)
・やたらに叱ったり、怒鳴ったりしないか?
(→注意をするときはおだやかに、普段は笑顔で接してくれる。叱咤激励ばかりではない)

家庭教師は「安かろう悪かろう」が常識

こうしたことを、体験授業や初回の授業ですべて見抜くのは難しいかもしれませんが、いい先生に巡り会うことができれば、家庭教師は親にとっても子どもにとっても非常に強い味方になります。

特に中学受験のときは、週に1回、レベルの高い家庭教師が来てくれれば、塾でのつまずきについて相談ができますし、受験までにすべきことなども子どもに合わせてスケジュールを立ててくれるでしょう。

塾の指導はクラス全体で共通ですから、すべての子どもにピッタリとはいきません。優秀な家庭教師なら「塾でこの問題をやれと言われた」という場合も、「今はこれはやらなくてもいいよ。むしろこっちをやっておこう」という個別の指導もできます。

低学年でまだ中学受験について決めかねているような段階でも、客観的な視点から基礎訓練を適切に行い、勉強が楽しいものだということを教えてくれるでしょう。ノートの取り方、わからない問題への対処、モチベーションの上げ方なども身につきます。

ただ、どれもこれも先生にある程度の力量が必要です。ですから先に挙げたチェックポイントの中で、あらかじめ「こういう先生に来てほしい」という希望を出せる限り、会社側に伝えておきましょう。要求レベルが高いことがわかれば、会社のほうもそれなりのレベルの講師を派遣しようと考えるはずです。

家庭教師の場合、塾より費用がかさむためご家庭にとっては大きな負担ですが、残念ながら家庭教師は「安かろう悪かろう」が常識だと思ってください。1時間あたり3000円、5000円というようなところもありますが、これはもう学生アルバイトのレベルです。

というのは、本当にプロの家庭教師として生計を立てるには、数千円ではまったく足りません。家庭教師で「食っていこう」と思っても、使える時間は放課後の数時間だけ。週5日、1日に2家庭ずつ訪問できたとしても、1回の手取り額が3000円では、1カ月の収入は12万円にしかならないのですから。

ということは、本当の意味での「プロ」を望むなら、1回1時間あたり最低でも1万円を超えるような講師にすべきです。

余談になりますが、家庭教師や個別指導の先生方の多くは「ワーキングプア」で、年収100万円や200万円がやっとという人も多いのです。力量がある人はそれなりの収入が得られる職種であってほしいと、いつも願っています。

本当に質の高いプロ家庭教師にはそれなりの費用が必要だという「内情」も、少しだけ知っておいてください。

 

seishun.jp

seishun.jp

seishun.jp

PROFILE
西村則康

30年以上、難関中学・高校受験指導一筋のカリスマ家庭教師。日本初の「塾ソムリエ」としても活躍中。暗記や作業だけの無味乾燥な受験学習では効果が上がらないという信念から、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で入り込む授業を実践している。また、受験を通じて親子の絆を強くするためのコミュニケーション術もアドバイス。これまで開成中、麻布中、武蔵中、桜蔭中、女子学院中、雙葉中、灘中、洛南高附属中、東大寺学園中などの最難関校に2500人以上を合格させてきた実績を持つ。テレビや教育雑誌、新聞でも積極的に情報発信を行っており、保護者の悩みに誠実に回答する姿勢から熱い支持を集めている。また、中学受験情報サイト『かしこい塾の使い方』は16万人のお母さんが参考にしている。

中学受験は親が9割 最新版

中学受験は親が9割 最新版

  • 作者:西村 則康
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: Kindle版