ストレス、子の自立、病気…“中年の危機”を引き起こす8つの原因

悩むおじさん

ミッドライフ・クライシスとは、中年期に陥ることが多いといわれている心理的危機のこと。悩みが多い人だけでなく、一見順風満帆に見える人も心に葛藤が生じ、無気力になってしまうようです。自身も「ミッドライフ・クライシス」を経験した医師、鎌田實さんに、危機に陥る8つのパターンを紹介してもらいました。

中年以降に訪れるさまざまな困難

発達心理学者エリク・エリクソンの提唱した「ライフサイクル・モデル」では、乳児期から65歳以上の老年期までを8段階に分けて、そのうち40歳から65歳の間を成人後期と区分けした。

人生が上り坂から下り坂に入っていくまさに成人後期、人間は心の問題だけでなく、身体の問題も微妙に関係しながらさらなる下り坂に入っていく。このいくつかの問題を抱えやすい成人後期に「ミッドライフ・クライシス(中年危機)」は起きるのだ。次に、ミッドライフ・クライシスが起きる原因を鎌田流に分析してみたので紹介しよう。

(1)自分の人生の頂点が見えてくる

40代に突入し、人生の頂点が思い描いていた以上に低いことを知った途端、言葉では言い表せない絶望感が押し寄せる。これからの人生が下り坂なのは承知しながら、自分の限界を知った時、ほとんどの人は心の憂鬱に悩まされてしまう。

(2)病気が発見され、病気との闘いが始まる

健康だった人が病におかされると、これまでのありふれた生活が突然できなくなる。日常に訪れるさまざまな困難は想像以上のストレスとなって、そのままミッドライフ・クライシスに突入してしまうことも珍しくない。

(3)酒・賭け事・不倫…自分でコントロールできないことにのめり込む

この時期に、アルコールなど依存性のあるものにのめり込んでいく人も多い。また、賭け事や不倫に走ってしまう人が多いのもこの時期の特徴と言える。ミッドライフ・クライシスの厄介なところは、多くの場合、本人が自分の不安定さを意識していないことだ。

40歳から65歳のこの成人後期を上手にコントロールして脱出しないと、ほんの些細なことで取り返しのつかない事態が起きてしまうということを意識しておく必要がある。

(4)下り坂の向こう側に、遠くではあるが死が見え始めている

若い時期はほとんどの人が死など意識することはないだろう。ただ、人生の中間点に差し掛かると、人生の終わりが近づいていると、ふと感じる瞬間がある。下り坂の向こう側に死を意識した瞬間、自分がこれまで何を成し、これから先何ができるのかという焦りが生まれ、ミッドライフ・クライシスを引き起こす。

(5)自分探しが終わらない

『マトリックス』『スピード』など激しいアクション映画で名を馳せた俳優のキアヌ・リーブスさんは、「40歳メルトダウン」「第二思春期」などと彼独特の表現を使いながら、ミッドライフ・クライシスを味わったようである。

思春期や青年期の間に確立しておかなければならないアイデンティティが確立できていない。モラトリアム状態が続き、青春時代の憧れをそのまま引きずっている。そんな人達がミッドライフ・クライシスの波を大きな波にしているようだ。

(6)子どもが自分の元から巣立ち、「空の巣症候群」に陥る

「空の巣症候群」は、女性に多いと言われている症状である。子育てを一生懸命やってきた人は、子どもが成長し、自分の元から離れていく時に、自分は何のために生きているのかわからなくなってしまう。これから何をすればいいのかわからなくなってしまう。もちろん男性にもある。生き方を迷った弱い心にミッドライフ・クライシスの闇は忍び込んでくる。

(7)過度なストレスを抱えたまま、オーバーワークを続けている

ぼくは48歳の時にパニック障害に襲われた。1年ほど不眠症が続き、発作性心房細動にも悩まされた。はっきりとした原因はわからない。

ただ当時、「多くの病院が赤字の中で、自分が院長を務める病院は黒字経営」をしながら「日本中から注目されるような温かい医療を」という“綱渡り”のようなことをしていた。おそらくストレス過剰だったのではないかと思う。

自分の限界を超えた過度のストレスはミッドライフ・クライシスをこじらせる危険因子となる。

(8)人生をうまく乗り切った人が初めて「つまずき」と向き合う

8年ほど前、歌手の武田鉄矢さんと対談をした。彼も40代から20年間近く、鬱々とした時期があったという。彼の主演したドラマ『101回目のプロポーズ』が大ヒットした少し後のことだ。

ここがミッドライフ・クライシスの難しいところで、人生が険しく、うまくいかなかった人だけがミッドライフ・クライシスに陥るわけではない。人生をうまく乗り切ってきた人達もこの人生の中間点で不穏な状態になる。

『アンナ・カレーニナ』や『戦争と平和』など世界に名が残る作品を書いたトルストイも10年ほど筆を断つ時期があった。文豪もミッドライフ・クライシスに陥るのだ。

「順風満帆」に見える人にも危機は訪れる

じつは、40~60代の80%がこのミッドライフ・クライシスに遭遇すると言われている。40~60代の80%がミッドライフ・クライシスを迎えるというのは、まさに人生が成功している人も人生に失敗し続けてきた人も、同じようにこの時期に危機を迎える可能性が強いということだ。

ミッドライフ・クライシスは、誰でも襲われる。早い人では35歳からミッドライフ・クライシスに襲われることもある。

近年、日本人の寿命が延びたことを考えると、70歳くらいまでをミッドライフ・クライシスの危険と隣り合わせの世代と考えたほうがいいだろう。

自律神経と呼吸の密接な関係

ミッドライフ・クライシスに陥った時は、「がんばらない」という肩に力を入れない生き方が大事なのだ。まずは、副交感神経を刺激するためにゆっくり運動をすること。自律神経と呼吸は密接に関係している。しっかり息を吐かないと、深く吸うことができない。吸うことよりも吐くことを意識することが大事だ。

ぼくは時々、吸う時間の倍になるようにゆっくり吐くことを心掛けている。これで自律神経のバランスがよくなる。

自律神経はライフステージにおいても波がある。30~50代の働き過ぎ世代では交感神経優位になりがちであり、がんばらない時間を時々つくる60代以降のリタイア世代は、副交感神経に偏りがちになる。

60代になったら、むしろがんばったほうがいいかもしれない。まずは今の自分の生活を見つめ直して偏りを直していこう。よく働き、よく休む。このよく休むが大事。

メリハリのある生活を意識しながら交感神経と副交感神経を上手に切り替えて生きる。これこそが中年期の生き方にとって大事なのだ。

次回の記事では、さらに具体的なミッドライフ・クライシスの乗り越え方について解説していこう。

 

 

PROFILE
鎌田 實

1948年東京生まれ。医師・作家。東京医科歯科大学医学部卒業後、諏訪中央病院へ赴任、以来40年以上にわたって地域医療に携わる。現在、諏訪中央病院名誉院長。日本チェルノブイリ連帯基金理事長、日本・イラク・メディカルネット代表として、被災地支援にも精力的に取り組んでいる。2006年、読売国際協力賞、 2011年、日本放送協会放送文化賞を受賞。ベストセラー『がんばらない』(集英社)をはじめ著書多数。近著に『相手の身になる練習』(小学館)、『70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』(集英社)などがある。