ジョブズも実践! 正しい決断をするための2種類の「思考モード」

思考する人

私たちは、日常生活でさまざまな条件を加味して合理的に判断しているつもりでも、実はさまざまな「認知バイアス」による影響を受けています。「認知バイアス」は心理学用語で、偏った思い込みによって不条理な選択をしてしまうこと。精神科医の和田秀樹先生によると、この認知バイアスから逃れるには、2種類ある思考モードを適切に切り替える必要があるのだとか。詳しく聞いてみましょう。

我々は日々考えているようで何も考えていない

前回説明した「認知バイアス」に共通するのは、「自分でも気づかないうちに、ついつい従ってしまっている」ということです。

冷静によく考えればおかしなことなのに、直観的、感情的に、ついそうしてしまう…。では、どうしたら、これらの認知バイアスの影響を受けず、合理的な判断や行動ができるようになるでしょうか。

そのヒントが、「行動経済学」を開拓したダニエル・カーネマンの著書『ファスト&スロー』に描かれています。そのなかでカーネマンは、人間の思考モードには、「システム1(速い思考)」「システム2(遅い思考)」という、2つのモードがあると述べています。

「システム1」は自動的に高速で働き、努力はまったく不要か、必要であってもわずかである。また、自分のほうからコントロールしている感覚は一切ない。

「システム2」は、複雑な計算など頭を使わなければできない困難な知的活動にしかるべき注意を割り当てる。システム2の働きは、代理、選択、集中などの主観的経験と関連づけられることが多い。

(『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』、ダニエル・カーネマン・著、村井章子・訳、早川書房)

人間はふだんの生活では「システム1」の思考モードを多用していますが、これは、過去の経験や知識にもとづく「直観的なもの」であり、考えている自覚はあまりありません。

スキーマや認知バイアスなどが属しているのも、「システム1」のほうです。「白地に赤い丸」と聞いたら、日本人なら瞬時に国旗を思い浮かべる。これは「日本国旗は、白地に赤い丸」というスキーマが刷り込まれているためです。いわば「考えなくてもわかる」のが、「システム1」の働きです。

そして「システム1」の思考モードとは別に、「システム2」という思考モードが存在します。「システム1」では答えが出ずに、「よく考えなければわからない」ときに、働く思考モードが立ち上がります。

「システム2」の思考モードは、論理的で、統計的な思考が得意で、粘り強く時間をかけて、自分の意見を組み立てることができます。

また、時に乱暴な「システム1」の直観を、ほんとうに適切かどうか判断し、退けることもできます。カーネマンは『ファスト&スロー』で次のように書いています。

システム2には、通常は自動化されている注意や記憶の機能をプログラミングして、システム1の働きを調整する機能が備わっている

(『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』、ダニエル・カーネマン・著、村井章子・訳、早川書房) 

 ただし、「システム2」の思考モードは、自動的に機能している「システム1」とは違い、意識的に立ち上げるものです。また立ち上げるには、努力を要し、時間もかかります。そのため、普段は「システム2」のごく一部の能力しか、使われていません。

システム1が困難に遭遇すると、システム2が応援に駆り出され、問題解決に役立つ緻密で的確な処理を行う

(『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』、ダニエル・カーネマン・著、村井章子・訳、早川書房)

 認知バイアスの影響を受けず、合理的な判断をするには、この「システム2」の思考モードをうまく使えるかどうかにかかっています。

ぱっと考える「システム1」。深く考える「システム2」

「システム1」は速い思考であり、直観、感情に近いもの。最初に自動的に湧いてくる思考にあたります。「システム2」は遅い思考であり、論理的な思考、自分の意思で起動する思考です。

これをわかりやすく言えば、「システム1」は「最初にぱっと思い浮かぶ答え」、「システム2」は「じっくり深く考えた上での答え」ということになります。

たとえば、コロナのニュースを見た瞬間に私たちをとらえる「コロナは怖い」という思考は、「システム1」的な思考です。それは直観的な思考であり、目の前の現実に素早く対応するのに向いていますが、いっぽうで、その報道がほんとうに正しいのかどうか、までは考えてくれません。

大切なのは「システム1」のような、「最初にぱっと思い浮かぶ答え」に、すぐに従わないこと、即断即決しないことです。

とくに重要な意思決定であるほど、「最初にぱっと思い浮かぶ答え」で動かないことです。むしろ、そこでいったん立ち止まり、「そう判断する根拠は何なのか」「自分は何らかのスキーマにとらわれていないか」と疑ってみる。これこそ、「システム2」の役割なのです。

私なりに「コロナ自粛」に関して、「システム2」の思考モードでじっくり考えると、「高齢者の足腰が弱るのではないか」、「免疫力が衰えて、かえって病気になりやすくなるのではないか」、「人とコミュニケーションしないと、高齢者の認知機能が衰えるのではないか」などと考えてみたりします。

また、「専門家がマスクをするよう呼びかけている」→「本当にマスクがきくのか」→「そもそもマスクそのものに害はないのか」などとも考えます。たとえば、1日中マスクをつける息苦しさが、人の免疫力を下げるような害をなさないのかどうか。一度、考えてみる価値はありそうです。

スティーブ・ジョブズは、「システム2」で考えた人

残念ながら、今のところ日本は「システム2」を起動させることが苦手な人が多いようです。多くの人が、「システム1」的な「最初にぱっと思い浮かぶ答え」にとらわれています。

その理由は明らかではありませんが、最近のマスメディアの影響も大きいような気がします。テレビはクイズ番組だらけ。賢い人と言ったら、クイズ番組で優勝するような人、というイメージがまん延し始めています。たくさん知識があって、素早く解答できる人がもてはやされる。

バラエティ番組やワイドショーの出演者も、「システム1」的な思考に長けた人たちです。なにか聞かれたら、ぱっとすぐコメントできる人がテレビ向きだと言われます。でもよく聞いてみれば、そのコメントの内容は、どこかから拝借してきたような豆知識のようなものばかりで、目新しさはありません。

コメントするほうも、みんなが思っていそうなことをパッとしゃべり、視聴者は「そのとおりだ」と喝采を送ります。持論など必要なく、大衆の意見を代表すればいいのです。こうなると、専門家の居場所はありません。

専門家の役割は、「みんなはそう考えているかもしれないけど、確率的にはこうです」などと、大衆の意見とは違った専門性を示すことだと私は思うのですが、テレビでそんなことをしたら「台本どおりに番組が進まないじゃないですか!」ということで、敬遠されてしまいます。

「システム1」を悪者扱いしたいわけではありませんが、「システム2」で考える人間がいないと、世の中はいつまでも前例踏襲主義のまま、常識から逸脱することもないままで、進歩が止まってしまいます。

なぜかというと、「システム2」が働かないと、非常識な人のアイデアは生み出せないからです、

スティーブ・ジョブズが生み出したイノベーションも、「システム1」的な考え方からは外れています。システム1にとらわれている人が聞いたら、ジョブズのアイデアに対して、「こいつはバカだな」「常識を知らないのか」「学歴がないやつはこれだからダメなんだ」などと、頭ごなしに否定するところかもしれません。

しかし「システム2」的な人間は、「そういう見方もあるかもな」とそんな批判さえ糧にして、「これまでのやり方で通用しないなら、このやり方ではどうだろう」「ダメかもしれないけど、とりあえず試してみよう」などと、新しいアイデアを次々考え続けるのです。

 

PROFILE
和田秀樹

1960年大阪府生まれ。精神科医。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。著書に『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『感情的にならない本』(新講社)、『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』(小社刊)など多数。