うつ傾向の人が陥る「二分割思考」は“思考のクセ”を変えると楽になる

悩む女性

「白か黒か」「善か悪か」「敵か味方か」など、物事や他人を完全に2つにわけたがる思考パターンに陥ると、とたんに人は生きづらくなり、うつを発症してしまうこともあります。では、この二分割思考から抜け出すには、物事の考え方や受け止め方をどのように変えればいいのでしょうか? 精神科医の和田秀樹先生に詳しく聞いてみましょう。

うつ病の原因にもなる「二分割思考」とは

「不適応思考」という考え方があります。もともとは、「認知療法」といって、うつ病を行うカウンセリングの手法から出てきたものです。

ペンシルベニア大学のグループが、うつ病の患者にカウンセリング的な治療を行う際に、認知療法という方法を生み出しました。そのリーダー格のアーロン・ベックやアーサー・フリーマンは、うつ病になりやすい人に多い思考パターンがあることを発見しました。それが、不適応思考です。

不適応思考の代表的なものに、「二分割思考」があります。正確にはうつ病の患者のみならず、広く一般の人に見られる思考パターンなのですが、うつ病の患者には、それが多く見られます。

これは「白か黒か」「善か悪か」「敵か味方か」など、物事や他人を完全に2つにわける思考パターン(二分割思考)です。認知療法では、治療者が「また二分割思考に陥っていますね」などと患者に自覚を促します。そして、こうした決めつけには根拠がないことなどを説いて、その思考パターンを変えていきます。

自覚することが、不適応思考の抜け出すための第一歩であり、もっとも重要なことだからです。

誤解のないように言っておくと、「不適応思考」は精神科の患者だけのものではありません。割合や程度の違いこそあれ、一般の人にも多く見られるごくありふれた思考パターンです。

こうした思考パターン、すなわち「思考のクセ」があっても、日常生活がスムーズに回っているうちは困らないのです。とくに日本人の場合、多くの人が不適応思考を持っているため、「そんなの普通」と思われる思考パターンとも言えます。

ところが、いざ、うつ状態になったり、ブラック企業でいじめられたり、といった状況に陥ると、とたんに不適応思考が問題になってくるのです。

たとえば、病気になったらパフォーマンスが落ちるのは当然なのに、不適応思考の一つである「完璧主義」が作動すると、完璧にやれない自分に落伍者のレッテルを貼ったり、もう立ち直れないと落ち込んだりします。強いストレスを受けているというときに、「男なら我慢しなければならない」という「こうあるべき思考」の不適応思考パターンにはまりこんでいると、ストレスから逃げ出すこともできません。

精神科医の立場からは、うつ病を防止する意味でも、今のうちから不適応思考を修正しておくことをおすすめします。

「曖昧な状態は気持ち悪い。白か黒か決めたい」

なんでも白黒はっきりつけようとする「二分割思考」は、不適応思考のなかでも代表的なものです。

正しいか間違っているか、イエスかノーか、敵か味方か、善か悪か、などです。曖昧な状態が不安であり、どちらか一方に決めつけないではいられません。

二分割思考が不適応だとされるのは、世の中簡単に白黒つけられないことばかりだから。グレーゾーンのほうが、ずっと多いからです。敵と味方にしてもはっきりつけられるものではありません。「あいつとは30%ぐらい意見が合わないけど、70%は嫌いじゃないんだよな」などと、グレーな範疇にあるのが普通です。

養老孟司先生はベストセラー『バカの壁』(新潮新書、2003年)で、林野庁と環境省の懇談会に出席したとき、そこで出された答申の書き出しに「CO2増加による地球温暖化によって次のようなことが起こる」となっていたので、二酸化炭素が原因で地球温暖化しているという理論はまだそう断言はできないので、「これは〝CO2増加によると推測される〟という風に書き直してください」と注文をつけたそうです。

すると、たちまち官僚から反論があった、と書いています。官僚というのは、「決めつけ」をしないではいられない種類の人間なのでしょう。

また、例えば「子どもを褒めて育てるか、叱って育てるか」という問題で、「ほめて成績が上がる子が7割、叱って成績が上がる子が3割」というデータがある。じゃあ褒めるのが正解だ、と決めつけがちです。

ところが子どもには個人差があり、叱って成績が上がる3割に、自分の子どもが入っているのかもしれないのです。

「子どもは叱るよりも褒めるほうがいい」と、白黒はっきりつけるほうが、人間、ラクに生きられるのはたしかです。いつもほかの可能性を考えながら生きるのは、めんどうくさいでしょう。

でも、それをしないことで、安易な答えにとびついて失敗したり、人に騙されたり、ストレスをためたりしなくなります。

ビジネスの現場でも、二分割思考は困りものです。互いに信頼関係を築き、味方だと思い込んでいた相手に、何か一点気に入らないところがあると、それだけで「あそこはダメだ」「あんな会社とは組めない」となってしまう。その点以外は素晴らしい会社であるにもかかわらず、その一点で全否定してしまうのです。

二分割思考とは、見方を変えれば「即断即決」のようでもあり、優れた考え方のようにも思えるかもしれません。しかし、即断即決と「ちゃんと考えずに白黒つける」は違います。グレーゾーンに耐えることができないと、結論を急ぎ、誤った判断を下す恐れがあります。

「曖昧さに耐えられる」のが、成熟した大人の条件

心理学には「白と黒のあいだにはグレーがある」「グレーにも、濃いグレーもあれば薄いグレーもある」と理解できるようになることが人間的な成熟である、とする考え方があります。

これを「認知的成熟」といいます。社会心理学者の岡本浩一氏によると、曖昧な状況下や、白か黒かはっきりしない状況下で、不安な気持ちが強くなってしまって、あわてて白か黒か決めようとする人は知的な意味での成熟度が低いのだといいます。

これを「認知的複雑性」といい、複雑な状態をいかに我慢できるかということが、人間の成熟をはかるものさしになっているのです。いいかえると、大人になる、とは、曖昧さに耐えられること、です。

こんなたとえ話をすると、よりわかりやすいでしょうか。少量なら薬になるけど、大量にとると毒になる草があったとします。

動物の群れの1頭が、この草を食べて死んでしまったら、その動物は、二度とその草を食べないでしょう。量の概念がわからない動物は、毒としてしか認知できないのです。

人間の子どもも同じです。量の加減がわからないので、子どもの手の届かないところに親が隠しておかないといけません。子どもが成長し「これは少量だと薬だけど、たくさん飲むと毒になる」と理解すると、ようやく正しく服用できるようになります。

ここでポイントになるのは「量の概念」です。量の概念がわかるようになると、人は成熟したと評価されるのです。白黒はっきりつけることしかできない動物にとっては毒でも、量の加減ができる人間には薬になります。人間関係においても「こういう仕事なら頼りになるけど、こういう仕事は苦手な人」などと、グレーゾーンを許容できるようになっていきます。

したがって、二分割思考から抜け出すには、0か1かではなく「量」で考える習慣をつけるといいのです。

特に、割合や確率の概念は使えます。「この本はほとんどダメだ、使えない」と思うと読む価値が全くなさそうで腹も立つかもしれませんが、「この本に書いてあることの80%はムダだが、2割は参考になった」とすると、「まあ、2割役に立つならいいか」と思えてくるものです。

また「自分は認知症にならない」と決めつけると何も対策を講じる気になりませんが、可能性で考えてみたらどうでしょう。女性の場合は85歳まで生きる確率が7割あります。85歳まで生きるとボケる確率が45%です。

すると、今生きている女性がボケる確率は3割ぐらい。そう考えると「今のうちに認知症に備えておかないのはおかしい」と実感でき、介護保険の使い方や、どの施設に入ったらいいのかなど、対策を用意できます。そして対策があると、認知症になる不安も薄れるのです。備えあれば憂いなしです。

 

PROFILE
和田秀樹

1960年大阪府生まれ。精神科医。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。著書に『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『感情的にならない本』(新講社)、『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』(小社刊)など多数。