“江戸のCIA”と恐れられた「柳生新陰流」の知られざる組織力とは

武士

光あるところには、影がある──。歴史的事件の裏には、実は多くの「影の組織」が暗躍していた。なかでも、幕府草創期の大名廃絶政策に暗躍した剣術の一流派が「柳生新陰流」である。彼らはどのように政権内部に地位を築き、その力を維持していたのか。知られざる秘密に迫る。

将軍職を世襲するための荒療治

江戸幕府の草創期、豊臣系の勢力を一掃するため実に多くの大名家が幕府によって取り潰しに遭っている。

『歴史読本 2014年1月号 特集・江戸大名失敗の研究』(KADOKAWA)に収録された「江戸時代 廃絶(除封)・減封 大名一覧」によると、改易(所領や家禄・屋敷を没収すること)処分を受けた大名は、初代将軍徳川家康(在位二年)の代で百十家と全将軍中、最も多い。

これは「関ヶ原の戦い」の戦後処理という意味合いが強いため、数が多くなるのは仕方がないところだろう。

さらに二代秀忠(同十八年)の代で五十五家、三代家光(同二十八年)の代で五十三家と、三将軍合わせて二百十八家にものぼる。この数字は江戸幕府二百六十年間を通じて改易に遭った全大名(二百九十一家)のうちの実に約七五パーセントを占めるものだった。

三将軍が改易に処した大名家は圧倒的に豊臣恩顧の外様が多く、有名どころでは豊臣秀吉の側近で武断派を代表する二人、つまり加藤清正の加藤家、福島正則の福島家がある。

気になるその改易理由だが、いずれも幕府の言いがかりとしか思えない無茶な理由を盾に改易を命じられている。そこには、徳川家が未来永劫、将軍職を世襲するために、なにがなんでも心配の芽(外様大名)を今のうちに摘み取っておきたい、という幕府の強い意志が感じられる。

こうした幕府草創期の大名廃絶政策に暗躍した剣術の一流派があった。戦国時代末期に誕生し、江戸期を通じて隆盛を誇った「柳生新陰流」である。年配の方なら、隻眼の剣豪ヒーロー、柳生十兵衛でよくご存じのはず。

この柳生流剣術が大名廃絶政策にかかわっていたとは一体どういうことだろうか。本記事では「柳生新陰流」の組織としての実態に迫った。

家康の面前で秘技・無刀取りを披露

柳生新陰流は、戦国時代末期、大和国(奈良県)の小豪族で剣術の道場主でもあった柳生宗厳(石舟斎)が、当時天下第一の兵法者との呼び声も高かった上泉伊勢守信綱から手ほどきを受けて編み出した剣術の一流派である。

そのままであれば柳生新陰流は田舎剣法の一つとして、歴史の片隅に埋もれていく運命にあった。ところが、やがて思わぬ転機が訪れる。その転機をもたらしたのはほかでもない、徳川家康であった。

朝鮮出兵のさなか、家康が京都に滞在していたときのことだった。自身も剣術に打ち込んでいた家康は石舟斎の評判を伝え聞き、さっそく石舟斎を引見して流派の秘技「無刀取り」を面前で披露させたのである。

家康はこのとき、石舟斎の水際立った手並みに驚嘆し、そしてそれ以上に石舟斎が説く、無闇に人を傷つけず人をいかす「活人剣」の思想に大いに興味を持った。

心を動かされた家康がその場で石舟斎に入門を請うたところ、石舟斎は自分はすでに老齢だからと断り、かわりに息子の宗矩を推挙し認められている。

このとき柳生宗矩は二十四歳。徳川家に兵法指南として二百石で新規召し抱えが決まる。文禄三年(一五九四年)のことだった。こうして名もなき田舎剣法──柳生新陰流は晴れて世に出ることになったのである。

宗矩には剣術以外にも得意なことがあった

家康は自分に仕えることになった宗矩の才知をすぐに見抜いた。この男をただの兵法者にとどめておくのは惜しいと考えたらしく、天下分け目の「関ヶ原の戦い」の直前、宗矩に対しある密命を与えている。

それは、柳生庄に立ち返り、大和の筒井氏やその周辺の有力豪族たちの間を回って、いざ合戦となった際は石田三成ら西軍の後方を牽制するよう説得してほしいと家康から直接依頼されたのである。

難しい依頼だったが、宗矩はこれを見事にやり遂げた。このときの功績によって関ヶ原後、宗矩は父の代で失っていた柳生庄二千石を取り戻すことに成功している。

実は、柳生一族には古来、優れた情報収集能力や交渉術が備わっていた。柳生家の祖先は学問の神さま、菅原道真だと言われており、一一世紀前半に一族の中から菅原永家という者が現れ、関白藤原基経が現在の奈良市東部に所有していた山あいの荘園(小柳生と呼ばれた)の管理を基経から任され土着したことに柳生家の歴史は始まる。

以来、政治・経済の中心の京都に近かったため、小豪族となった柳生一族は常に戦乱の渦に巻き込まれてきた。それでも生き残ってこられたのは、その時々の時勢と周辺の豪族たちの顔色を的確に読み、離合集散の判断を誤らなかったからだ。

こうした菅原永家以来培われてきた小豪族ゆえの情報収集能力や交渉術は子孫の宗矩の体の中にも脈々と受け継がれていたのである。

全国を網羅する諜報ネットワークを構築

関ヶ原後、二代将軍秀忠の兵法指南となった宗矩は三千石の大身旗本となる。このころから、柳生新陰流を当藩でも学びたいので、門弟の中から適任者を派遣してほしいという依頼が宗矩のもとに各藩から盛んに舞い込むようになる。

それはそうだろう。柳生新陰流が将軍家の御流儀となったことで、各藩も忠誠心を示すためそれに倣おうと考えるのはごく自然なことだった。特に、将軍家のご機嫌を損ねたくない外様ほどそれが顕著だった。宗矩はそれらの要請に応え、門弟たちを次々に各藩へ送り込んだ。

こうして派遣された門弟たちは兵法指南という立場上、藩の機密事項に接する機会も多く、つかんだ情報をこっそり江戸の宗矩のもとに知らせた。そのため宗矩は江戸に居ながらにして全国の各藩の内部事情を細大漏らさず知り得ることができたのである。

なんのことはない、宗矩は「柳生新陰流指南」を表看板にしながら、全国津々浦々を網羅する諜報ネットワークを構築していたのである。今日的な表現を借りれば、宗矩は「江戸のCIA(中央情報局)長官」だったということになる。

この諜報ネットワークは、宗矩が三代将軍家光の下で初代の幕府惣目付(のちの大目付)を務めていたころが、もっとも機能したものとみられている。惣目付とは全国の諸大名の行動を監視する役職で、いわば諸大名にとっての天敵だった。

改易理由となり得る藩の秘密を握る

もちろん、この柳生の諜報ネットワークについては、その存在が史料によって裏付けられているわけではない。しかし、柳生家が代々諜報活動に長けていたこと、宗矩が門弟を各藩に派遣できる立場にあったこと、宗矩が初代幕府惣目付を務めたこと──など状況証拠から推して、諜報ネットワークは実在したと考えるほうが自然である。

それになにより、宗矩がそば近くで仕えた二代秀忠と三代家光の二人の時代だけで百八家もの大名家が改易に遭っているのだ。たとえその標的は外様大名が中心だったとはいえ、幕府としてはほかの大名家や世間を納得させるだけの改易理由が必要だったはずである。

そうした改易理由となり得る幕府に知られたくない藩の秘密情報(たとえば藩主の乱行とか跡継ぎ問題とか重臣同士の派閥争いとか……)をいち早く全国から集める体制が整っていたからこそ、あれほど大量の取り潰しが可能だったのだ。

そして、幕府の手先となってその情報収集にフル回転したのが、柳生の諜報ネットワークだったに違いない。