50歳を過ぎたら「新しい仕事」からは上手く逃げなさい【佐藤優】

悩むおじさん

50代にもなると部署のリーダーを任されることも多くなり、ビジネスパーソンとしての責任はそれだけ大きくなります。求められている成果を上げるよう知恵を絞るのは当然として、場合によっては責任を回避し、うまく「逃げる」技術も必要だと作家の佐藤優さんは言います。どういうことでしょうか?

「新しい挑戦」には別の目的もある

これまで、まったく携わったことのない分野の大きなプロジェクトを任されそうになった。そんな経験をしたことのある人も多いと思います。もしあなたが30代、40代であれば、迷わず挑戦することでしょう。

しかし定年間近の50代は、すでに自分のゴールが見えている。そんななかでの新しいチャレンジには、慎重になったほうがいいというのが私の考えです。

というのも、実はそのような新しい挑戦は、会社自体は成功すれば儲けもの、むしろ失敗を前提に、それを担当した者に何らかの形で責任をとらせることが真の目的という場合もあるからです。

自分の能力では少ししんどいかも、と感じるプロジェクトは特にそうです。冒険をすることのメリットと、うまくいかなかったときのデメリットをはかりにかけたとき、定年間近の50代には、デメリットのほうが大きいことがほとんどです。

そんな話がきたら、「いまの自分には荷が重い。能力も十分でない」と率直に訴えることです。そして「失敗すれば会社にダメージを与えることになってしまう」と、あくまで会社や組織の視点に立って訴えましょう。

会社にも責任がありますから、無理やり仕事を押しつけて、その責任をとらなければならなくなるような事態は避けるでしょう。「おそらくその仕事なら、〇〇さんのほうが適任では?」と社内の別の人を提案すれば、会社側も気持ちが変わる可能性が高まります。

会社の不条理は、多かれ少なかれどこにでもあります。その犠牲にならないためには「休まず、遅れず、働きすぎず」。上手に体をかわし、「逃げる」ことです。

いつの間にか自分が「働かないオジサン」に

外務省の役人の場合、40代半ばになると出世競争の勝ち負けがはっきりします。最終的に勝ち残るのは、事務次官に上り詰めるごく一部の官僚だけ。ほとんどが出世ラインから外れてしまうのです。

そうなったら彼らはどうするか? やるべきことだけはそつなくこなし、下手に目立って叩かれるような余計な動きはしません。要領はいいので、与えられた仕事は完ぺきにこなし、それ以上はできる限りやらない。

これは民間の企業でも同じだと思います。ラインから外れた人は、余計なことをして目立つことなく、与えられた仕事をこなし、あとは定時になったらそそくさと帰る。

若いころそんな上司を批判していた自分が、気がついたら同じような仕事の仕方をしている……。どこかで割りきれないものや、釈然としないものがあるかもしれません。

しかし、これは誰もが通る道。自分を責める必要はまったくありません。むしろ、会社員生活の最後の10年をそのようにして大過なくすごそうとするのは立派な戦略です。

50代になれば、転職や独立でよい結果になる可能性は低い。何とかいまの会社に5年、10年居続けてしっかり退職金をもらう。

がむしゃらに働いていた若いころ、そのがんばりによって会社もいくばくかの利益を得て今日に至っています。ですから、目立たぬように会社に居続けるという戦略は、実は非常に合理的な選択なのです。

全員が全力で働く会社は生産性が低い

これに関連して、「2:6:2の法則」というのを聞いたことがありますか? これは「働きアリの法則」とも呼ばれるもので、働きアリの組織では全体の2割が必死で働き、6割は適当に仕事をして、残りの2割がまったく働かない。ところが外敵に襲われるなどの緊急事態が起こったとき、それまで働かなかった2割ががぜん活躍し始めます。

組織にも〝遊び〞が必要です。全員がやる気満々でギラギラしていると、組織はギスギスしてしまいかえってうまく回らなくなる。また、全員が100%の力を出しきって余力がない状態だと、いざ緊急事態があったときに対応できません。

競争から外れた「働かないオジサン」が一定数いるような会社のほうが、組織としては実は強い。2:6:2の最後の「2」も、組織にとって必要な存在だということです。

そういう人たちを許容する余裕がある会社は、いざ自分が同じような立場になっても存在を認められる健全な組織だということです。

もしあなたが「働かないオジサン」になって、そのことに引け目を感じるとしたら、いい意味での「鈍感力」を持ちましょう。周囲のことは気にせずわが道を行く。すべてのことにいちいち過敏に反応していたら、ストレスで心身をやられてしまいます。「鈍感力」をもつことこそが、50代のビジネスパーソンには必要です。

ただし、そうやって会社に居続けるにはいくつかの絶対条件があります。まず、セクハラ、パワハラは絶対しない。そして、やる気のある社員の邪魔をしない。

組織の法則の観点からも、必死に働く2割を妨害するようなことはしてはなりません。職場のムードを明るくして、「なんだか、会社にあの人がいるだけで安心できる」と思われるのが理想的です。

一番やってはいけないのは、プライドが捨てられずやたら虚勢を張ったり、自分の力を誇示しようと偉そうにしたりすること。

いつも不機嫌で苦虫をかみつぶしたような顔をしてデスクに座っている。そして飲みに行ったら昔の自慢話か、会社に対する文句やグチ。こういう人物は若い世代にとってとにかく面倒で邪魔なもの。こういう人物がそれこそ「鈍感力」を発揮して大きな顔をしていたら、それは当然嫌われます。

バブル時代を経験しているいまの50代の人たちは、エネルギーにあふれたイケイケの時代を知っています。その時代だからこそ得られた豊富な体験や知識がある。最近の若い人は内向きであることが多いのに対して、50代はとにかく遊びも含めて、外へ外へと飛び出していった人が多い。

旅行でもグルメでも、この世代の贅沢体験が、いまの社会における衣食住のレベルを底上げしていると思います。たとえば格安で知られるサイゼリアのメニューがあれほど種類豊富で味もしっかりしているのは、バブルのころにグルメ志向を体験した人たちがサービスを供給する側にも、消費者側にもいるからだと考えます。

目利き力や文化力があり、さまざまな物事の経験値が高いのがいまの50代。組織がピンチになったとき、その潜在能力を発揮して会社を救うのは「働かないオジサン」なのかもしれません。

 

↓その他の記事はこちらから 

佐藤優

PROFILE
佐藤優

1960年東京都生まれ。85年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務を経て、95年、同省国際情報局分析第一課主任分析官。2002年、背任及び偽計業務妨害容疑で逮捕。09年、背任及び偽計業務妨害の有罪確定で外務省を失職。13年、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が05年に出版されると大反響を呼ぶ。『自壊する帝国』(新潮社)で第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞