「ストレスに強い人」は“耐える”のではなく“上手に逃がしている”

発散

私たちは日々大小さまざまなストレスにさらされていますが、そもそもストレスはなぜ生まれるのでしょうか? そして、それにどのように対処すれば、私たちは心を平静に保つことができるのでしょうか? 精神科医の和田秀樹先生に詳しく聞いてみましょう。

「ストレス」と「ストレッサー」の違いとは?

「あのパワハラ上司、そばにいるだけでストレス……」

このような悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、この言い方にはストレスというものに対する誤解がひそんでいます。ここでストレスと呼ばれているのは本来、「ストレッサー」と言われるものです。

ストレッサーとは、「人にストレスを与える刺激」のこと。たとえばパワハラ上司、失恋や失業など、ストレスの原因にあたる物事や人物が、ストレッサーです。

一方、「ストレス」は、ストレッサーによって生じた、心や身体の反応のことをいいます。

ここで大切なのは、「同じストレッサーでも、強いストレスを感じる人もいれば、まるで感じない人もいる」ということです。ストレスは、その人の感じ方、すなわちストレッサーの解釈の仕方によって大きく左右されます。

これは、ストレスを考える上で非常に重要なポイントです。たとえば、「最近仕事ができるようになったね」と上司に声をかけられて、素直に喜ぶ人と、「じゃあ以前は仕事ができなかったのか…」と落ち込む人がいます。

「女性の話は長い」と言われて傷つく女性もいれば、「女性のほうがものをよく考えているんだから、話が長くなるのは当然でしょ」と余裕しゃくしゃくの人もいます。

ここでいう「ストレッサーの解釈の仕方」を、心理学では「スキーマ」と呼びます。スキーマを簡単にいうと、刷り込み、思い込みも含めた「物事の認知をするときのパターン」です。刷り込みや思い込みによって、必要以上にストレスを感じてしまうのが「不合理なスキーマ」です。

ストレスの発生の9割は、その人がどんな刷り込み、思い込みを持っているかで決まる。他人の目にはほんの小さなストレッサーでも、当人の解釈しだいで、うつ病を引き起こすほどのストレスが生じることもあるのですから。

もちろん、個人それぞれの「解釈の仕方」とは無関係に、どんな人にも大きなストレスを与えるストレッサーもあります。

例えば、「トラウマ」と呼ばれるものは、耐え難いストレスを与える強烈なストレッサーが原因で生じます。戦争体験や虐待はその最たる例ですが、職場で長時間労働を強いられ、睡眠時間もロクにとれない、といった身近なものもあります。

こうしたストレッサーは、脳に直接的なダメージを与えてしまいます。さらには、配偶者や親族や友人の死、失業やリストラ、離婚、自分自身や家族の病気などは、耐えがたいストレッサーとなるでしょう。

しかし、「上司に仕事のミスを注意された」とか「奥さんと口論になった」とか、誰もが経験するようなことでも強いストレスを感じているのだとしたら、それは自分のスキーマに、原因の一つがあると考えるべきでしょう。

「人を生かす」ストレスと、「人を潰す」ストレス

もう一つ、ストレスというものに対する誤解をあげておくと、ストレスが100%悪者とは限らないということです。

そもそもストレスは、人間の心に対する負荷のことです。この負荷が一定水準を超えると、人間のパフォーマンスは落ちてしまいます。ここまでは実感できる人が大半でしょう。

自分の能力をはるかに上回る仕事ばかりを与えられると「できるはずがない…」とやる気を失ったり、頑張りすぎて体調を崩したりします。ストレスは悪、そう思いたくなります。

しかし、一方では「来週はテストがある」という軽い緊張感があるからこそ、勉強のやる気がでるのも、また事実です。その場合、ストレスは、人を成長させる「良いもの」であるとは考えられないでしょうか。

負荷が一定水準を超えるまでは人間のパフォーマンスが向上するが、負荷が一定水準を超えると今度はパフォーマンスが落ちてしまう。

もっとわかりやすく言い換えると、度を超えたストレスは「悪玉ストレス」と言えるし、人のパフォーマンスを妨げるものになる。しかし、ある程度のストレスは「善玉ストレス」になり、人の成長を促してくれるのです。

「ストレス=すべて悪である」というのも、不合理なスキーマの1つと言えるでしょう。

ストレス耐性とは「ストレスから上手に逃げる力」

本来、ストレス反応というシステムは、人類が野生動物に襲われそうな危機が迫ったときに、交感神経の興奮を促し、「敵と戦うか」あるいは「敵から逃げるか」の非常事態モードになるために作動すると言われています。つまり、ストレスは私たちに危険を知らせてくれる警告の意味があるのです。

そういう意味では、「ストレス反応=悪」どころか、我々を身の安全を守るための、大切なシステムとも言えるのです。

現代の日本では野生動物に突然襲われるようなことはほぼありませんが、そのかわりに「パワハラ上司」や「わがままな取引先」や「クレーム客」という〝敵〟が現れました。あるいは、「仕事が納期に間に合わない」とか「満員電車ですし詰め状態」とか「社内での出世競争」とか、非常事態モードにならざるを得ない状況があちこちにあります。危険を知らせてくれる警告が、鳴りっぱなしなのです。

本来は、「危険から身を守るため」のシステムであるストレス反応も、適量を超えて交感神経が働きすぎると、胃潰瘍になったり、血圧が高くなったり、うつ病になったりと、その人にダメージを与えます。

わたしが精神科医として、大前提としてお伝えしたいのは、「ストレスは我慢しない」ということです。

ストレス耐性という言葉がありますが、これは文字通りに「ストレスを我慢する力」ととらえてはいけません。ストレス耐性は、「ストレスから上手に逃げる力」だと、わたしは考えています。

根性論が好きな国民性というべきなのか、日本人はストレスが大きいときに「逃げる」という選択肢を取りたがりません。ブラック企業で働き続けるのも、いじめられっ子がそれでも学校に通い続けるのも、「逃げ場なんてない」「逃げるのは恥ずかしい」と思い込んでいるためです。

しかし、そんなときは休んでいい、会社や学校をやめていい、精神科にかかってもいい、カウンセラーに相談するのもいいと、「こうあるべき」から逃げる先が用意されていれば、かなりの部分、ストレスは回避できます。

「我慢すべき」という不合理なスキーマを捨てて、「つらいときは逃げてもいい」という新たなスキーマに置き換えてみる。行動しなくとも、そんな風にスキーマを書き換えるだけで、だいぶ、気持ちもラクになるでしょう。

 

PROFILE
和田秀樹

1960年大阪府生まれ。精神科医。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。著書に『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『感情的にならない本』(新講社)、『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』(小社刊)など多数。