人口爆発を解決する切り札? 話題の「培養肉」はすでに身近な存在

培養肉

食とテクノロジーが新たに出合い、これまでにないモノが生み出されるフードテック。画期的な分野があまたあるなかでも、ひと際驚かされるのが「培養肉」に関するイノベーションだ。培養肉とは、家畜や魚などの筋肉から少量の細胞を取り出し、体外で組織培養して作られる人工肉のこと。まるでSF映画で描かれる話のようだが、現実に技術革新がどんどん進められている。

近い将来、「培養肉」がごく普通に流通している!?

現在、培養肉のスタートアップ企業は世界に60社以上ある。とはいえ、それは日本ではなく欧米の話ではないか、と思う人もいるだろう。だが、もうそういう時代ではない。

日本でも独自のスタンスで研究に取り組むインテグリカルチャーというスタートアップ企業や、大手食品メーカーの日清食品などが培養肉事業に進出している。近い将来、培養肉がごく普通に流通し、何の抵抗もなく庶民が買い求める時代が到来するかもしれないのだ。

培養肉や代替肉が注目されている背景には、世界的な人口増加がある。2021年の世界人口は78億7500万人。今後も年を追うごとに増えていき、国連では2050年に97億人に達すると推計している。

急増する世界の人々の命を支えるには、膨大な量の食料が必要とされる。こうしたなか、今後の人口増加に追いつかないと懸念されているのがたんぱく質源だ。単純な人口増加に加えて、新興国で食肉需要が急速に拡大していることも、今後の肉不足の要因になる。国が経済的に成長して人々が潤うと、食事に使える金が増えて肉を食べたくなるのは至極当然だ。

将来、特に問題になりそうなのが牛肉で、不足する可能性が非常に高い。家畜のなかでも大きく成長する牛は、じつにたくさんの飼料を食べる。農林水産省の試算によると、1キロの牛肉を作るのに必要な飼料は11キロ。

これに対して豚肉は6キロ、鶏肉なら4キロで済む(日本の飼養方法を基にしたトウモロコシ換算による試算、農林水産省作成)。

トウモロコシなどの飼料を栽培するには、当然、大量の水も必要だ。牛肉1キロを作るのに必要な水は約2万リットル。栽培に雨水や川から引いた水ではなく、地下水を利用している地域では、過剰なくみ上げが問題になっているところもある。一般に考えられている以上に、牛肉の生産は環境に大きな負荷をかけているのだ。

そこでクローズアップされるようになったのが、培養肉や代替肉だ。環境に対する負荷を抑えて、世界の人口爆発にも対応できる。しかも、生き物の命を奪わずに生産するので、近年増えつつあるヴィーガンやベジタリアンをターゲットにできる可能性もある。

厳密に衛生管理された施設内で製造されることから、食中毒や感染症のリスクが極めて低くなるのもメリットだ。

こうした人工肉の市場は、特に欧米で大きな注目を浴びている。ある試算によると、2020年における世界の培養肉と代替肉を合わせた市場は約2750億円余りだった。これが10年後の2030年には約1兆8700億円超と、7倍以上も世界市場が膨らむと予想されている。

では現在、どういった培養肉が開発されているのか。これまでにない新たなたんぱく質源として、人々にどう提供されようとしているのか。国内外のさまざまな企業の動きを見ていこう。

世界初の「培養肉バーガー」の値段は3250万円!

第二次世界大戦時の英国首相チャーチル。「歴史上で最も偉大なイギリス人」ともいわれるこの人物は、1931年に書いたエッセイで次のように記した。「我々は胸肉や手羽先を食べるためにニワトリをまるごと飼育するなどという不条理はやめて、個々の部位を適切な培地で別々に育てるようになるだろう」

チャーチルの予言はいま、現実のものになりつつある。20世紀後半から小規模な細胞培養プロジェクトがいくつか行われたのち、ロンドンで2013年8月5日、世界を驚愕させるイベントが開催された。世界初の「培養肉バーガー」の試食会。牛の幹細胞をシャーレで培養して、塩やパン粉などを混ぜて平らな肉の形に成型し、バンズにはさんで提供したのだ。

さて、気になるその味はどうだったのか。本物の肉のようなジューシーさはないけれど、食感はいい。脂肪分がない赤身の肉ではあるが、普通のハンバーガーを食べているようだ――。このように、試食した参加者の反応は悪いものではなかった。

試食会の様子はテレビで放映され、大勢の視聴者を驚かせる。さらに、その模様はニュースになってインターネット上を駆け巡り、世界に大きな衝撃を与えた。しかし、研究室で人工的に作られるというイメージから、「フランケンバーガー」などと好意的ではない呼び方をする人たちもいた。

世界初の培養肉バーガーはオランダのマーストリヒト大学教授、マーク・ポスト博士によって研究、開発された。ポスト博士によると、理論上は幹細胞が数個あれば、1万トンから5万トンの肉を培養できるという。

この培養肉バーガーの値段は、5年間にわたる研究費を含めて約3250万円(25万ユーロ)。培養肉が食用になり得ることは証明したものの、実用化されるにはコストの問題をクリアする必要があった。ポスト博士の試算では、1個1400円程度まで価格を下げられるということだった。

ポスト博士は2016年、培養肉製造を目指すスタートアップ企業であるモサミートをオランダで法人化した。培養培地には当初から牛の胎児の血清を利用していたが、これは非常に高価なうえに、生き物の命を奪わないという培養肉のメッセージ性にも反する。

そこで、モサミートでは胎児の血清を使わない方法に切り替え、さらなる研究開発を進めている。

肉をつくる人

いち早く生産コスト削減に成功した米国企業も

培養肉のスタートアップ企業で、モサミートと並んで強い存在感を示しているのが米国のアップサイドフーズ(旧メンフィスミーツ)だ。心臓外科医のウマ・バレティ氏と幹細胞研究者のニコラス・ジェノヴェーゼ氏が2015年、サンフランシスコに設立。培養肉企業として快進撃を続けている。

アップサイドフーズは、先行したポスト博士の手法と同じく、生きた動物から細胞を採取し、これを培養して肉にする。2016年には世界で初めて培養によってミートボールを作ることに成功。翌17年にはこれも世界初の記録として、鶏肉と鴨肉の培養肉を生産した。

ほかに培養シーフードにも進出し、扱うメニューが非常に幅広いのが特徴だ。どの培養肉企業も頭を悩ませているコスト削減については、モサミートに先駆けて実現。創業3年足らずで、重量あたりの生産コストを8分の1近くまで下げることに成功した。

最先端の培養肉企業として、アップサイドフーズは投資の対象としても注目の的だ。ビル・ゲイツ氏やリチャード・ブランソン氏(ヴァージン・グループ創始者)、食品大手のタイソン・フーズ、ソフトバンクグループなど、そうそうたるメンバーから出資を受けている。一例をあげると、2020年1月に調達した資金は1億6100万ドル(約176億円)にのぼった。培養肉の未来に寄せる期待がいかに大きいのかがわかる。

アップサイドフーズは承認さえ下りれば、2021年中にも培養鶏肉と培養鴨肉を店頭販売する方針を示している。培養肉を巡る世界の動きは想像以上に速い。

 

PROFILE
石川伸一

宮城大学食産業学群教授。東北大学大学院農学研究科修了。北里大学助手・講師、カナダ・ゲルフ大学客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)などを経て、現職。専門は、分子調理。関心は、食の「アート×サイエンス×デザイン×テクノロジー」。著書に『「食べること」の進化史』、『分子調理の日本食』、監修書に『食の科学』、『フードペアリング大全』などがある。