日本人から「教養」が失われている、その根本理由とは【佐藤優】

佐藤優

教養に関する本は書店でもよく売れていますが、それだけ日本人が教養を身につけたいと願っている表れかもしれません。でも教養とはいったい何でしょう? 単なる「情報」とは違って解釈が必要になるもので、人間性とも深く関わってきます。作家で「知の巨人」とも言われる佐藤優さんに、日本における教養とその磨き方についてうかがいました。

ネット上の誹謗合戦は日本ならでは

その国の教養の高さは、その国の「投稿型のサイト」に表れるといいます。

たとえば「ウィキペディア」。ドイツやロシアのウィキペディアのレベルがとても高いのは、これらの国ではウィキペディアがアカデミックな領域として認識されているからです。一般の人はわきまえていて、書き込もうとはしません。ドイツのウィキペディアは、もはや百科事典のレベルです。

これに対して、日本のウィキペディアは多くの人が書き込みに参加している分、玉石混淆という印象です。間違いや誤字脱字は多いし、内容の薄いものも散見されます。決してレベルが高いとはいえません。

それから、以前は「2ちゃんねる」と呼ばれていた「5ちゃんねる掲示板」のようなサイト。ここまで誹謗中傷がオンパレードの掲示板は、ほかの国ではあまり見たことがない。

さらにはアマゾンの書評欄やYouTubeのコメント欄を見ても、日本人の書き込みは徹底的に著者を攻撃したり人格否定を平気でしたりしている。欧米では、このようなことはあまり見られません。

日本の場合、欧米のように日ごろからディベート(議論)をする習慣がないというのが大きいのかもしれません。本来のディベートは相手を侮辱するためのものではなく、批判し合うなかでお互いの「論理的な弱点」を見つけ出し、物事への理解をより深めていくための手法。建設的な意味での〝やり合い〟ですね。

ところが日本では少し批判的なことを書くとすぐ感情的になり、侮辱の応酬が始まる。しまいには、まるで子どものケンカのようになじり合う。議論することでお互いに知性をブラッシュアップするという感覚がありません。「健全な批判精神」が未熟なのです。

これからの時代、日本人が教養レベルを上げるには、欧米並みのディベート文化や健全な批判精神を育むことが大切になってきます。

教養レベル低下の原因は戦後の教育改革

一方、戦前の日本人の教養レベルはかなり高かった。当時の学校制度は小学校で6年間、中等学校で5年間学び、その後3年間を高等学校で学ぶというものでした。この旧制の高等学校では、徹底的に基礎教養を身につけます。自然科学、社会科学、人文学、そして語学といった幅広い領域、いまでいうところのリベラルアーツ(教養教育)です。

そして20歳で大学に進むと、今度は一転、専門知識を徹底的に叩き込まれます。このシステムのおかげで、基礎教養と専門知識を兼ね備えた質の高いエリートがたくさん生まれたのです。

戦後、アメリカは明治維新後の日本が急速に発展した理由は教育水準の高さにあったのではないかと考え、教育レベルを落とすことに腐心したといわれます。アメリカの教育改革により、日本の教育レベルは戦前より一段階、落ちてしまうことになります。

具体的にいうと、いまの大学生が「旧制高校レベル」になり、いまの高校生が「旧制中学レベル」となってしまったのです。

さらに追い打ちをかけたのが1991年の大学設置基準の改正。それ以前の大学では2年生まで教養課程、3年生以上が専門課程というように段階が分かれていました。ところが、この改正で教養課程の単位を必ずしも取得しなくてもよいことになったのです。これによって多くの大学で教養課程が次第に廃れていき、今日に至っています。

つまり戦後の日本では、教養を身につける課程が実質的になくなってしまったのです。日本人の教養レベルが大きく後退したのは、このような教育制度の変化によるところが大きいと私は考えています。

教養磨きには「高校教科書」が最適

新しい体系知を身につけることはなかなか難しいとしても、過去に一度学んだまま眠っている記憶を呼び覚ますことは可能です。教養を磨き直すには、まず高校の教科書や参考書を手に入れ、時間を見つけて読み直しましょう。

一番に取り組みたいのは「国語」。現代国語の教科書は、文学はもちろん歴史や哲学、芸術といった文科系の文章から、物理や生物などの科学者の論文まで幅広く扱っています。現代国語の教科書自体がリベラルアーツの集大成だといえるでしょう。

次に「数学」です。数学がいまさら何の役に立つのかと思うかもしれませんが、論理的な思考を育むのに必要不可欠な学問です。世界の超エリートは、文系学生でも「偏微分」など日本の理科系大学生レベルの数学を理解しています。最先端の経済学では数学の知識が不可欠になっているからです。

そこまで学ぶ必要はもちろんありませんが、一般のビジネスパーソンも二次方程式や因数分解、統計などの「数学Ⅰ・A」レベルが理解できると、論理的思考力が格段に高まります。

古文や漢文は、自分が高校のときに使った教科書や参考書を手に入れて読んでみましょう。新しいテキストで学ぶより、過去に学んだ教科書で記憶を復活させるほうが、勉強法としてははるかに効率的です。

ちなみに私が教科書を推薦するなら、筑摩書房が出している『精選国語総合 古典編』『古典B(古文編)』『古典B(漢文編)』です。これで十分、古文や漢文の基礎を身につけることができるでしょう。

高校の倫理の教科書や参考書はとてもよくできているので、読めばかなり詳しく学ぶことができます。特に山川出版社から出ている「もういちど読む」シリーズの『もういちど読む山川倫理』がおすすめ。この山川のシリーズはほかの教科書も秀逸で、余裕があったら『もういちど読む山川世界史』『もういちど読む山川地理』も読んでおきましょう。

理数系でのおすすめは、講談社の「ブルーバックス」シリーズに収蔵されている『素数入門─計算しながら理解できる』『数論入門─証明を理解しながら学べる』(ともに芹沢正三)、『不完全性定理とはなにか』(竹内薫)、『ゼロからわかるブラックホール』(大須賀健)。どれもわかりやすいうえに面白いです。

私が注目しているのは、ネットで動画授業が受けられる「スタディサプリ」です。センター試験があるすべての科目に関してカリキュラムが組まれていて、大学センター試験を受ける学生の半数がこの「スタディサプリ」を利用しているそうです。

社会人なら一般常識として、現代文や漢文、世界史、日本史、英文解釈、数ⅠAなどの授業を受けてみるのもいいでしょう。

それから学びたいのは「倫理」。世界中の思想家や哲学者の考えを知ることで、さまざまな思考の鋳型を学ぶことができます。

一見、実社会で役に立ちそうには思えないかもしれません。しかしたとえば、「アメリカとロシアがぶつかり合う根源的な理由は?」、「アフガニスタンはこれからどこに向かうのか?」、「北朝鮮はなぜ核開発を推し進めるのか?」などの国際情勢を考えるのに、思想についての知識が大いに役立つのです。

その国を動かすキーマンはキリスト教徒なのか仏教徒なのか。左翼的な思想の持ち主なのか右翼的な思想の持ち主なのか。現実主義者なのか理想主義者なのか──。さまざまな思考の鋳型を知っておけば、その行動の動機が理解しやすくなります。そして動機がわかれば、国際情勢を分析するのがとても容易になります。

これは国際情勢に限ったことではなく、個人に対してもいえることです。その人の考え方や行動の根本には、どんな思想や哲学があるのか。それを探ることができれば、対人関係もスムーズになります。

 

↓その他の記事はこちらから 

佐藤優

PROFILE
佐藤優

1960年東京都生まれ。85年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務を経て、95年、同省国際情報局分析第一課主任分析官。2002年、背任及び偽計業務妨害容疑で逮捕。09年、背任及び偽計業務妨害の有罪確定で外務省を失職。13年、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が05年に出版されると大反響を呼ぶ。『自壊する帝国』(新潮社)で第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞