資本主義の欠陥!? 看護師が薄給で“どうでもいい仕事”が高給な理由

格差社会

昨今関心が高まっているマルクスの『資本論』。広がる格差やこれからの働き方への不安を抱える人が増えていますが、『資本論』にはそういった問題を深く考えるためのヒントがたくさん書かれています。今回は、経済学博士の的場昭弘さんとジャーナリストの池上彰さんによる白熱対談の2回目。資本主義の行く末とこれからの働き方について考えます。

資本主義では「賃金が安い労働=価値が低い」

池上 「ポストコロナ」か「ウィズコロナ」かというお話がありますが、状況を見るとどうもウィズコロナとなりそうですね。2回ワクチン注射を打っても、まだブレイクスルー感染する人がいるので、3回目のワクチン注射が取りざたされています。それでも時間がたつと抗体量は減ってきますから、毎年打たなければいけなくなるかもしれません。

的場 コロナとの共存は様々なことを変えていくでしょうね。たとえば、これまで年間14億~15億人の人々が世界を移動していましたが、コロナ感染の拡大によって激減しました。日本でも多くの人が海外旅行に行っていましたが、それはもうできなくなるかもしれません。

私の大学でも留学はズームによるオンライン留学になりました。コロナが収束するまでの一時的措置と思われていますが、もしかするとこの先もずっとズーム留学が続くかもしれません。実際に行くとなると、様々な予防接種を打ったり、隔離期間があったりなどのリスクを負うことになりますからね。

ただ、世界の移動ができなくなったことは悪いことばかりではありません。CO2の排出削減やジェット燃料の使用量が減少したことにより、空気がきれいになったという報告もあるのです。こうした変化は一時的なものか、それとも恒久的なものになるのかわかりませんが、すべてが元に戻るということはないと思いますね。

池上 働き方も大きく変わってくるでしょうね。とくに若い世代の人たちにとっては、「働き方」「働く意味」「働く目的」は、古い世代とは異なってくるかもしれません。

的場 資本主義では、お金に還元されるものが労働とされています。ですが、エッセンシャルワーカーのような存在は資本主義的には重要な労働とはみなされていません。賃金が低いからです。しかし、実際の彼らの仕事は社会的に意義のあるものですよね。そういう意味のある労働をいかに理解し、誇りを持っていくかが大事だと思います。

農民や工場労働者もこの世界を支えている仕事で、たいへんな肉体的疲労をともなう労働をしていますが、資本主義ではそうした意義が認められない傾向にあります。賃金が安い労働は価値が低いことになるからです。

しかし、ボランティアに集まる若い世代が増えているということは、そうした労働に対する価値観も変わりつつあるのだと思います。

池上 『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』(デヴィッド・グレーバー著 岩波書店)という本がベストセラーになりました。ブルシット・ジョブとは、資本家に寄生する、なくても困らない仕事という意味です。この本では、要するに経営コンサルタントのような仕事を指しています。

こぎれいなオフィスで仕事をし、途轍もない高額な給料をもらい、クライアントに「ちょっとここをこうしたら、もっと売り上げが伸びますよ」と提案を行う。高学歴の若者たちにとっては憧れの業界ですが、ふと「こんなことが何の役に立つのだろうか?」と疑問に思うようになるコンサルタントが少なからずいるようです。

一部の資本家に寄生して、おこぼれで給料をもらっている。まさに「ブルシット」じゃないか。そう感じて、コンサルタントファームを辞めて、自ら起業したり、ボランティアをしたりする人がけっこういるというのです。

的場 いまの社会では本来価値のある労働がブルシット・ジョブ扱いになっていますよね。なくてもいい価値のない労働が、高給でちゃんとした仕事のように捉えられている。

『資本論』では流通産業の話が出てきます。コンサルタントや広告業がそうですが、流通産業(媒介産業)にはそれ自体あまり価値はないのに、いまは圧倒的に大きな収益をあげています。作ったものにお化粧をして宣伝して、いかにも価値があるように見せる。

実際のところ価値があるかどうかはどうでもよく、「価値があるように見せる」ことが大切な仕事です。資本主義の中では、そのような仕事が重要なものとして扱われています。

池上 いまの若い世代の方々には、仕事ってなんだろう?働く意味ってなんだろう?高い給料をもらえればどんな仕事でもいいのか?そういうことをしっかりと考え、自分なりの働き方を見つけてほしいですね。

『資本論』を読むと働くことの意味がわかる

的場 本来私たちの社会は一般の人々が働く労働が価値を生むことによって成り立っています。働いた人が働いた分だけお金をもらい(ここに資本主義社会の困難があります)、社会を形成していれば、再生産はうまくいきます。

ところが、誰かが富を独り占めすると再生産はうまくいかない。働いても満足な給料がもらえないというのは、労働の配分の仕方やシステムになんらかの問題があるということです。

現在、拡大している格差はまさにここに問題があります。こうした資本主義のシステムや問題点を学ぶうえで、マルクスの『資本論』ほど役立つものはありません。ただ、内容を理解するのがむずかしいというのが難点なんですが……。

池上 今回のコロナ禍では、エッセンシャルワーカーの存在が注目されるようになりました。医療や福祉を支える人、物流や小売業、ライフラインで働く人々……まさにこういう人たちの存在によって、私たちの社会は成り立っているということを再認識したのが今回のコロナ騒動ですね。

そんな大事な存在なのに、給料が安いのはどういうわけだろう?その疑問に答えてくれるのが『資本論』ではないかと思います。かつて『資本論』は革命の書として読まれていました。資本家はいかに非人間的な存在か、資本主義を打倒して、新しい世の中を作っていこうと多くの人が考える時代もありました。

もちろん、いまでもそういう革命の書として『資本論』を読む人はいるでしょうが、現在は、別の読み方がされているのではないかと思います。すなわち、私たちが生きているのはどのような社会か。働くことにどんな意味、意義があるのか。そういうことを理解するために『資本論』が再注目されているのです。

もちろん、資本主義のメカニズムを知ったからといって、一介のビジネスパーソンが社会や世の中を変えることはできないかもしれません。

それでも、いまがどんな社会で、自分がどうしてこういう働き方をしているかを知るだけでも、自分の生き方について考えるきっかけになります。自分が社会の中でどのような位置にいるのかを知るだけでも、とても価値のあることだと思いますね。

 

seishun.jp

PROFILE
的場昭弘

1952年、宮崎市生まれ。哲学者・経済学者。神奈川大学副学長。著書に、『いまこそ『社会主義」』(池上彰氏との共著・朝日新聞出版)、『未来のプルードン』(亜紀書房)、『超訳「資本論」』全三巻(祥伝社)、『一週間de資本論』(NHK出版)、『マルクスだったらこう考える』(光文社)など多数。