自分の中に毒を持て
「いのちを賭けて運命と対決するのだ。そのとき、切実にぶつかるのは己自身だ。己が最大の味方であり、また敵なのである」
「そもそも自分を他と比べるから、自信などというものが問題になってくるのだ。わが人生、他と比較して自分をきめるなどというような卑しいことはやらない」
「駄目になる方、マイナスの道を選ぼう、と決意してみるといい。そうすれば、必ず自分自身がワァーッともり上がってくるにちがいない。それが生きるパッションなんだ」
読み継がれる、太郎の原点。
試し読み
(タップで拡大)
試し読み1 試し読み2 試し読み3
自分の中に毒を持て<新装版>

あなたは”常識人間”を捨てられるか

岡本太郎

書影1
書影2

青春出版社刊
定価814円(本体740円)/文庫判/256ページ

著者紹介
著者近影
岡本太郎
芸術家。1911年生まれ。29年に渡仏し、30年代のパリで抽象芸術やシュルレアリスム運動に参画。パリ大学でマルセル・モースに民族学を学び、ジョルジュ・バタイユらと活動をともにした。40年帰国。戦後日本で前衛芸術運動を展開し、問題作を次々と社会に送り出す。51年に縄文土器と遭遇し、翌年「縄文土器論」を発表。70年大阪万博で『太陽の塔』を制作し、国民的存在になる。96年没。いまも若い世代に大きな影響を与え続けている。
『自分の中に毒を持て』への反響まとめ
TOP
Copyright(c) SEISHUN PUBLISHING Co.,Ltd. All Rights Reserved
amazonで購入