自分の中に毒を持て
試し読み
(タップで拡大)
試し読み1 試し読み2 試し読み3
自分の中に孤独を抱け

岡本太郎

書影1
書影2

青春出版社刊
定価792円(本体720円)/文庫判/224ページ

著者紹介
著者近影
岡本太郎
芸術家。1911年生まれ。29年に渡仏し、30年代のパリで抽象芸術やシュルレアリスム運動に参画。パリ大学でマルセル・モースに民族学を学び、ジョルジュ・バタイユらと活動をともにした。40年帰国。戦後日本で前衛芸術運動を展開し、問題作を次々と社会に送り出す。51年に縄文土器と遭遇し、翌年「縄文土器論」を発表。70年大阪万博で『太陽の塔』を制作し、国民的存在になる。96年没。いまも若い世代に大きな影響を与え続けている。
『自分の中に孤独を抱け』への反響まとめ
TOP
Copyright(c) SEISHUN PUBLISHING Co.,Ltd. All Rights Reserved
amazonで購入